ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

退院後最初の通院

退院してから一週間たちます。退院して初めての診療です。

麻痺している右胸から注射器で液体を抜き取るだけでした。

もう麻痺しているので全然痛くないし、吸い取られている感覚もありませんでした。

取れた液体は、まるでトマトスープとかにんじんスープのような色合いの、60mlくらいのものでした。

また次も水曜日に同じことをやるそうです。

今日で、患部を覆うフィルムみたいなものは取れました。お風呂も今日から入っていいそうです。


抜糸しないんですかと聞いたら、溶けるような糸を使っているので抜歯の必要はないということでした。最近の医療は発達しているんだなあ。

あ、乳がんの病理検査の結果がいつ出るか聞いてくるの忘れた。


ということで術後処理と診察で5分で完了。


ところで、今朝病院に行くときにバスの時間ぎりぎりに出たのですが、バスに飛び乗ろうと走ろうとしたら胸に激痛が走り、とてもじゃないけれど走れない。早歩きしても痛む。そういうわけでバスは見送りました。まだ手術して10日しかたっていないので当たり前です。無謀なことはしないほうがいいですね。走ったり長距離歩くのはダメです。


早めに帰ってきて、早めのお昼を例のブリオッシュドレでいただきました。クロワッサンのサンドイッチ。クロワッサンがなんかふわふわしすぎていて、パリで普段食べていたもっとしっかりしたクロワッサンとはちがっていたけれど、他の店のクロワッサンよりはずっと本物に近いので、よしとします。高かったけど。あとフランスの店を標榜するならコーヒーはエスプレッソとカフェクレームを置いて欲しい…。


その後家計簿をつけるべく100均で家計簿購入、その足で郵便局で口座開設。

大体月に40近くもらっていて毎月1万円も残らないのっておかしいですよね。大きいのは家賃で、それ以外にほとんどお金使ってないのになぜか残らないんですよね。今年はしっかり家計簿と通帳を管理していったい何に自分が無駄遣いしているのかを確かめようと思います。


よろしかったらおしてくださいまし。

帰省中

家から2時間の距離にある実家に帰省してまいりました。

独り暮らしで食事が偏るよりは、実家でちゃんとしたものを食べたほうが、術後の治りが早いだろうと思って帰省したのですが、結構、大変でした。


帰省先の駅から家まで歩いて15分くらいなんですが、PCの入ったバッグを持って歩くにはちょっと大変な距離でした。そもそも、体の中でもぶら下がる部分を切ったわけですから、歩くたびにゆれて痛む。それが15分も続くわけで、家に着いたときにはもう痛くて痛くて。


あと、人ごみも怖かったですね。人のひじが胸に当たったらどうしようとか考えてしまうので、混んでいる急行よりは座れる各駅停車を選んでしまいました。


実家ではいろいろやることがありました。

たけのこ掘り、草むしりなど。

が、右乳がんの手術後なので右手は傷つけられないし、右で重いものを持つことは出来ない。筍鍬は持てないので、やらなくていいことに。草むしりも、相当な広さの庭なので相当がんばらないといけないんですが、座った姿勢で右手を動かすことで結構痛みが着てしまうので出来ない。


母が2月に肺がんの手術をして、回復までに少なくとも2ヶ月くらいかかっていると言うので、母が何もしなくていいという。


結果として、お言葉に甘えて、ただ家でボーっとしてテレビ見て本読んで、お菓子作ったりする日々で終わってしまいました。本当にゆったり出来ました。


まだ右のわきの下の痺れと言うか痛みが残っています。

多分、乳がんの手術の仕方と言うのは、周囲の神経を切って、乳房そのものの痛みを出さないようにしているんじゃないかと思います。乳房そのものはほとんど痛まないので。


帰省修了で今から家に帰ります。

夕飯はコンビニですかね、実家で食べては寝てを繰り返していたのでだいぶ太りました。傷がくっついて痛みがなくなるまではしっかり食べようと思っていますが、大丈夫だと思えたら、すぐにダイエットを始めます。



ぽちっと押していただけると大変助かります。よろしくお願いいたします。


リハビリ中日

昨日の午後は結局リハビリせず、楽器の調整で時間を食ってしまいました。あまりに久しぶりに楽器を出したので、温度差で弦が全部緩んでしまい、駒が倒れてしまいました。あちゃー。一度楽器屋さんに持っていかないと、これ、ゆがみが出てしまいますね。


今日から実家に戻ります。一人でいたら栄養状態はよくないだろうし、回復も遅くなるだろうから、来なさい、と母に言われ、戻ります。といっても実家に行ったら行ったでやることはたくさんあるんですが…例えば草むしりとか。

姿勢的に草むしりはちょっと厳しいですね、左でやるならともかく右はまだわきの下がしびれてるので、あまり自由に腕を動かせない状態。


今日のリハビリは、今の家から実家に帰ること。体力的にはもう十分大丈夫だと思うのですが、電車で2時間耐えられるか。


今困ってるのは、左手の甲が痒いこと。左手の甲にはしばらく点滴用の針が刺さっていて、べったり絆創膏が張られていたのですが、それをはがしてから、痒いんです。おかしいなあ。

それとわきの下の痺れ以外は異常ないです。思ったより部分切除部分は痛まないんですね。

ロキソニン飲まないと、姿勢を変えると切った所が痛む感じでしたが、今日は特にそんなこともなくなりました。なんだかんだ、40歳超えてるけど、若いんだなあ。



ぽちっとおしていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。