ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく生活記録です。

がんであったことを皆の前で言うこと

学会終了、これであとは火曜日の研究会が残っています。これから準備を始めるべく日曜出勤です。


先週は一泊旅行もあったし宴会もあったので、ダイエットはお休み。だからといって好きなものをたくさん食べているわけではなく、いろいろ調節しています。ダイエット休みなのでリバウンドしないことを目指していますが、もうリバウンドしてしまったようです。2キロ痩せるのに1ヶ月以上かかったのに、戻るのは一瞬でしたね。体重計に乗るのが怖いです。なので今週は体重計には乗らないでおきます。


学会中の宴会で、放射線治療まで終えているので久しぶりにビールを飲みました。抗がん剤治療中も放射線治療中もアルコールはだめだったんですよね。それでずっと我慢していたんですけど。
ビールってこんなに水っぽかったかなと思うほどすらすらと飲めてしまいました。おいしかったです。これから忘年会シーズン、おいしくビールをいただこうと思います。


がんだったことを、同じ研究グループの人の前で公表してしまいました。病気で仕事ができなかったと言い訳することは卑怯なことだと思うのですが、本当に上司に迷惑をかけてしまったので、その原因が私にあるということを言いたかったんです。
反応は薄かったですね。へーそれで。って感じ。中には大変だったねえと声をかけてくれた方もいましたが、病気で研究が遅れても知らないよって雰囲気でした。失敗したなと思いました。言うんじゃなかった。直属の上司も、「治療中だったんだから仕方ないよね」と口では言いますが、私の研究が進んでいないことでかなりいらいらしているようで、親しくしようとしても冷たいです。


仕事とがんは関係ないんですよね。長期休んでいたならともかく、ちゃんと来ていたんだから、仕事できなきゃおかしいわけで。研究発表で学会にも行ってるんだから仕事していて当然で、がんのせいで仕事が遅れたなんて単なるさぼりです。仕事できないほど辛かったなら何で来てるの?って感じです。病気だったことを公表したんじゃなくて、私がサボったことを告白した感じになってしまいました。


これから取り戻すために一所懸命頑張ります。年末年始は研究所が閉まってしまうので出来ませんが、年末年始の前後、忘年会の合間に頑張って仕事進めます。やりたくないこと、出来ないこと、みんな責任持ってやらなきゃいけないです。研究の世界はちっともやさしい世界ではないので、しっかり頑張っていこうと思います。


厳しいなあ。ほんと厳しい世界だ。どこもそうだと思うけれど、結果が出て何ぼの世界だからなあ・・・一所懸命やっていたなんていう過程は評価されない世界なので。


生き返った気分で、ばりばりやりますよー!!人の2倍3倍やらなきゃですよ!!
応援よろしくお願いいたします。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。