ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく生活記録です。

退院後初出勤

久しぶりに仕事に来ました。

結局論文は仕上がらなかったし、このタイミングで復帰となると5月半ばの学会は私が自分で準備して発表しなきゃいけないという、予測していたもっとも過酷なスケジュールの始まりです。


が、今日は朝から会議がいろいろ入っていて、自分のことに手をつけられませんでした。学会の予稿は「こうするつもりです」ということを書いて提出しましたが、その「こう」がまったくできる気がしません。あと1週間で仕上げろってこの日曜は大事な予定が!笑点だけは見逃せない!


昨日は夜メントリのピアノパートを練習していました。ヴァイオリンでは弾いたことがあるので、なじみの曲だし、研究所で上手な人にやってもらいたいなと思っていたので。楽譜はペトルッチの無料楽譜サイトからダウンロード。メントリのピアノは難しいよといわれていましたが、まあ、速いだけで手に負担がかかるような無理芸じゃない。ショパンのエチュードが弾けるくらいならメントリは普通に弾ける。そう思ってやってみたら1楽章をさらうのに15ページで1時間もかかってしまった・・・相変わらず譜面読むの遅い(ピアノの譜面に限り、読むのが大変遅いのです。反射神経が悪いともいう)・・・ちなみにメントリ1楽章は10分程度の曲です。音が頭に入れば、10分で弾く事も可能です。しばらくはこれを練習して誰かにヴァイオリンとチェロを弾いてもらおう。


それから、ヴァイオリンでベトコンの1楽章もやってみました。まったく音階練習以外の何者でもない。しかもベトコンのテーマになってるモチーフの音形って「れ、れ、れ、れ、れー」なんですよ。ベートーベンもネタが切れたのか、結構笑える。


鬱だったときはピアノを弾こうともヴァイオリンを弾こうとも思えなかったんですが、手術終わってゆっくり静養したら、なんだか弾けるようになってしまいました。それまで散々悩んで、もう弾けなくなるかもしれない、と考えたのがいい経験で、「弾けるじゃん。だったら、いつか弾けなくなる日のために、弾けるうちに弾いておこう」と考え方が変わりました。今の目標は、ヴァイオリンでは「馬鹿の穴」とヴィオラでは「半音階的幻想曲」、ピアノではなんだろう、見つかってないけどメントリを誰かとやりたいです。定時に上がれる仕事ではないけれど、なるべく早い時間に仕事を切り上げて、家でヴァイオリンやヴィオラを弾く時間を増やそうと思っています。土日も特に頑張ろうと思っています。


がん鬱は抜け出したわけではないけれど、今はちょっとマシです。抗がん剤のことや、来年の仕事の継続のことなど考えると鬱になりますが、一所懸命、そういうこと考えそうになったら、無理やり頭を切り替えて別のこと考えるようにしています。

病理検査の結果が出るまでは怖いですが、もうがんを取ってしまったので、いまさら慌てふためいてもしょうがない。むしろ抗がん剤来るなら来い!です。


さて、電車がすく時間まで仕事頑張ってから帰ろう。


よろしければぽちっとお願いします。


快気祝いなど買い物

フランス語の教室の日でした。フランスでは、乳がんの場合は化学療法は無料で、低価格で乳房再建までしっかりやってくれるそうです。ちゃんと聞き取れなかったけど無料に近いそうです。日本も、2人に1人ががんになるのだから、例えばがんを特定疾患として医療費1割負担にするとかしないと、本当に、経済的な問題で治療できなくなる人がたくさん出てきますよ。

例えば精神科では、うつ病や統合失調で治療が長引く場合は1割負担なんだそうです。なんでうつ病が1割負担で、何ヶ月も、何年も治療をし続けなきゃいけないがんが3割負担なのでしょうね。


さて、今日は池袋で買い物。目的は、スカート、快気祝い、シェーバー、楽譜でした。

まずスカート。太りすぎていてMサイズが入らない…ぎりぎり入るMサイズの黄色いスカートを購入。これから痩せます。ちゃんと傷が治ってからね。

それからヤマハにいって楽譜を物色。パガニーニアーナが欲しかったんですが、ありましたが、神戸楽譜の通販のほうがずっと安いのでヤマハでの購入は断念しました。

それからビックカメラ。途中ワイヤレスのルーターに興味が出てきてしまい、いろいろ係りの人に話を聴いていましたが、取り合えず買う必要はないので、話聞いておしまい。シェーバー売り場へ。いろいろタイプがあるのですが(焼ききる、抜く、剃る、の3種類あるんだそうです)、右手を傷つけずにすむのは剃るの場合棚と思いこれも2500円くらいで購入。電池も購入したけれど入ってた…。

入院のときにいろいろしてくれた人に快気祝いでプレゼントは、国立のNONOWAの中のお店で。いろいろ入っているし世界中のお菓子が手に入るので、なにか珍しいものをと思い物色していたのですが、値段的に丁度良かったのが、白金のLa maisonのチョコレート、袋ものでしたがこれをいくつか買ってうちにあるビンにいれて瓶詰めにしようと思って購入。早速家で瓶詰め作成。明日が退院後の初出勤なので間に合ってよかった。


ところで、傷はまだ全然痛むのですが、これだけ長い距離を歩くと、もともとぶら下がってるものに傷をつけてそこがぶらぶらするわけですから(もちろんまえあきブラジャーをしていますが)かなり痛む。途中で弱音をはきそうになった。ロキソニンの名前を叫びそうになった。結論からして、まだあまり歩き回るのはダメです。それから人ごみは避けたほうがいいです。今日はちょっとした人ごみにまぎれてしまい、人のひじが施術後の胸の辺りに当たりそうになったという怖い思いをしました。あたってたら、痛いじゃ済まされない。怖かったです。


と言うわけで、痛みが引くまで、少なくともロキソニンのお世話に鳴らなくていい程度までは、もう長距離歩くのも、人ごみを歩くのも止めておこうと思います。


痛みがひかなければ、5月中旬の学会も上司にやってもらおうと思っています。むしろそうしたいです。何か理由をつけてサボりたいです。



↓押していただけると大変ありがたいです。よろしくお願いいたします。

記録(ピアノとヴィオラ)

ピアノ1時間(ベートーベン、バッハ)…ベト後期は弾けない、皮膚が突っ張ってる。

ヴィオラ1時間(バッハ、ブラームス)…あまりの音程の悪さ、音の悪さに嫌気がさして1時間で止めてしまった。あれ、私ってもっと綺麗な音出してたよな?ここは別世界?な感じ。それよりも、センチネルリンパ生検をするので切った部分がわきの下にまで及んでいて、ここが汗だくになりテープがはがれてきたので、やっぱり傷口がしっかりふさがって突っ張る感じがなくなるまで弦楽器お預けかな。今かなり胸が痛い。ジワリと痛い。

何より汗だくになってしまったので、汗で痒くなるし、いろいろ塞いであるテープ類が取れてきそうで怖いです。次回練習するときはもうちょっと傷がよくなって、ちゃんと冷房入れてからにしよう。


しかしなんですか。今日はもう夏ですか?室内気温28度まで上がりましたよ。

西向きの部屋なので仕方ないのかな。


というわけであまり無理をしないという教訓を得ました。

病院でもらった、乳がんの人のためのリハビリの冊子を読んで、ちゃんとしたリハビリしようと思います。



↓ぽちっと押してくれると大変ありがたいです。よろしくお願いいたします。