ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

TC療法1回目 1日目 やっとここまで来ました

いよいよこんなタイトルのブログを書くことになってしまいました。
長かった、手術終わったの4月なのに今までかかってしまった…。


昨晩2時に帰宅して、朝は6時半起き、何時間寝たのか分かりませんが、とりあえずさっとシャワーを浴びて、病院でもらった「抗がん剤治療の流れ」のプリントを熟読し、
体重を量り(なんと昨日から1キロも増えていた!!!なにしたんだ私は!!!)朝食は何も食べるものがなかったので食べず、元気にいってきまーす!!


7時半、駅に着いたら、病院行きのバスはまだない。
隣の西国分寺駅まで行って(ここはバスの本数がたくさんあるので大変便利)病院到着。まだ病院の受付は開始されていない。周りの椅子にたくさんの患者さんが座っている中、私は受付窓口のまん前に突っ立っていたのですが、係りの人に「皆さん並んでいらっしゃるのであちらのほうでお待ちください」と、並んだ椅子の最後尾まで連れて行かれる。ちょっと私は張り切りすぎている?
とりあえずドリンクは必要だからといわれていたので、病院付属のローソンでお茶を買っておきました。それから受付が始まり、まず採血へ。それから看護師さんの診察と言うかお話し、それから乳腺外科の先生の診察というかお話し。


アイスグローブを使いたいという話をしたら、
ふんふん、いーですよ。でした。


案内された化学療法の部屋はすでに3人ほど治療を開始している方がいましたが、席に座ると目の前に点滴の類が並べられ、これは何、あれは何、と一応説明を受けました。さて点滴用に針を刺そうとしましたが。腕は何度やっても血管に入らない。ぷす、ぷす、ぐりぐり。「ダメみたいですね」はい、痛いです。仕方なく手の甲からの点滴になりました。


それからアイスグローブ。ネットで売っているのよりももっともっと「グローブ」っぽくて大きいものでした。左手は付けられないので保冷剤を握らされ、右手はすっぽりグローブの中。冷たい!!!予想をはるかに越える、保冷剤の脅威!今さっきまでマイナス30度の世界にいただろ!!と思わせるほどの冷気!!!


足もやりますか、といわれてアイスブーツを両足はかせてもらった。が。死ぬ、これはあかん、血液が全部冷たくなって自分も冷たくなる!!というわけで足は止めにしてもらいました。


これで準備万端、さっそく点滴が始まりました。最初の吐き気止めの点滴はあたまにダイレクトに影響があって、ぐるぐる回って視界が真っ暗になってしまい私は寝てしまいました。すべての点滴が終わったときに起きた感じです。おきてから処方薬の説明を受けて、止血して10分したらもう帰れました。1時半くらいです。


抗がん剤、打っただけでまだその威力には接していないのですが、淡々と終わりました。
眠っていてお茶を飲む暇もなかったので、またローソンに行ってお饅頭を買って、バスを待つ時間食べていたのですが。お茶が甘くて苦い。いや、日本茶ってそういうもんだよね。甘さがなんというかフルーティーで、苦さが薬の苦さみたいな感じで、お茶の甘さと苦さじゃないんです。お饅頭は味が薄くてぬめぬめしていて、お茶のほうがずっと濃い味に思えました。多分抗がん剤の副作用第一号??。


他に目立った副作用は出ていません。日焼けに気をつけてねといわれたので、これから出かけますがUV防止クリームをたくさん塗っていこうと思います。


とりあえず一日目はたいした副作用もなく終了。
今後もたいした副作用がありませんように。


応援よろしくお願いします。

さようなら

皆様もご存知と思いますが、乳がんブログで常に一位におられたトトロさんがなくなられたそうです。愛読者の一人として、前向きな姿勢に感銘を受けておりました。今はあらゆる苦しみから解放されて天国の門の前でゆったり過ごしておられると思われます。
今までありがとうございました。今日は彼女のために祈ります。


乳がんBlogをやるようになってから、何人か見送った気がします。
がんの死亡率の中でも、女性は乳がんが一位なのだそうです。それを考えると、結構恐ろしいですよね。私も死ぬときはああいう状態になって、最後はこんなかんじで・・・とかいろいろ自分と置き換えて想像してしまいます。心の折れやすい私には到底こなしていけない治療ばかりが並んでいるように思うのですが・・・。


そんな私はまだ乳がん患者の入り口に立ったばかり。最初の関門である手術を潜り抜けたところで、第二の関門である抗がん剤が、明日から始まります。


ははは、そんな今何してるかって残業ですよ!!論文が突っ返されてしまったので図とか表とか作り直しになったのですが、がん鬱の影響が絶大で、遅々として進まず。抗がん剤が近づくにつれて集中力が再び低下し、いまや頭を使う仕事はほとんど無理状態です。抗がん剤が始まったらそもそも仕事にこられないかもしれないので、進み具合は遅いのですが、今必死こいてやっています。中央線は終電が1時過ぎまであるのでそれに頑張って乗れるよう、努力します。


明日は8時から採血なので、6時半起きかな・・・。点滴中は眠れると思うので今頑張っておきます。でも午後は実家に帰らないといけないので体力もつけておかないと。あ、そろそろご飯の時間ですね。今日も燃焼スープが夕飯です。


抗がん剤、怖いんです。
やってみないと分からないですよね。
でも、本当にこの治療は、正しいのか、再発転移を防いでくれるのか、不安でなりません。効果がないのに好きなことも出来ず仕事にも支障が出て自分らしくいられないことに対して、かなりの不安を持っています。
元通りの自分になれるのか、今の自分に戻ってこれるのか。
京都での輝かしい学生生活やパリでの目くるめく楽しい日常など過去の自分と少しずつさよならしてきたけど、好きなことをやっている自分とはまださよならしたくないです。


どうか、再発転移がありませんように。
これからの治療で確実にがん細胞とおさらばできますように。


応援、よろしくお願いいたします。

ダイエット2クール目結果

結果は、プラスマイナス0でした。


といっても、2クール目は途中で会食が入ったり、職場でお客さんがきたりして、小麦製品をとってしまったり、饅頭やケーキを食べ過ぎたりしてしまいました。
燃焼スープだけで痩せるというのは都合のいい話で、確かによく燃焼するのですが、規則から外れたことをすると、痩せません。


でも、最初のほうは、一日200-500グラムずつ痩せていたので、このまま行けば1週間で3キロくらいいけるかと思ってました。途中で会食がなければいけたかもしれません。


燃焼スープダイエットでは甘味をとってはいけないので、やっぱりこれは我慢しないといけないと思いました。一日お饅頭ひとつくらいはいいかなと思っていましたが、今の私は薬のせいで食欲のお化け。あるもの、目に入るものはみんな食べたい。コンビニに行くと油断してると食べたいもの全部買ってくる。止め処もなく食べている。いかんいかん。食べるなら、野菜か、果物か、玄米フレーク(これが美味しくてなかなか止められない)にしなければなりません。


さて、いよいよあさって抗がん剤始まります。今日はウィッグを取りに行ってきました。大体2週間目から抜け始めるそうですので、その直前に髪の毛を短くカットしてもらいに行きます。今日は、シャンプーやコンディショナー、帽子などのウィッグ関連用品を取りに行ってきて、ウィッグのかぶり方を教わってきました。案外難しいものですね。まだ髪の毛があるから、ウィッグかぶると頭が大きくなった気がします。


あさってから抗がん剤で、その翌日には業者さんが見積もりに実家にやってくるので、抗がん剤を受けたその足で、自宅に帰らなければなりません。保険会社から出るお金の金額が分かったのですが、本当にたいしたものではなかったので、我が家から(と言うか私から)100や200は出さなきゃいけないなと思っています。痛い出費、とはいえ、独身だし、借金あるけど利子なしだし、この際ちゃんとした塀を建てようと思います。


しばらく更新なかったですが、これから抗がん剤生活のレポートしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。