ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

ただの風邪+論文提出!

昨日、早退して病院に行ってきました。もしインフルエンザだったらうちの服務規程で出勤停止になってしまうのです。なので、検査をかねて、自宅近くの病院にいってきました。


病院に着いて、わきの下で体温を測ったら36度丁度。おかしいな。熱があってだるいから来てるのに。そうしたら「汗かいてますか?」といわれたので、確かに汗かいていたのでそうだというと「汗のせいで体温が低く出るんですよ、乾いたら測ってみてください」とのこと。15分くらい待ったけど熱のせいで汗が出てくるので、体温計の温度は36度のまま。私が自分で持ってきた体温計で口でくわえて測ると37度6分。一応こちらを正しいデータとして扱ってもらいました。


結果、インフルエンザではなく、喉と鼻の炎症でしょうといわれました。水みたいな鼻水は出るんですが喉は自覚症状が無く、医者が喉をみて「ちょっと荒れてますね」というのでたぶんそうなんだろうと思います。


抗生物質と喉と鼻に効く薬をもらって帰宅。体温は7度6分。しんどくて何も出来ず、お昼に食べるはずだった燃焼スープも食べず、ただごろごろしていました。どうしよう、今週月曜から水曜まで燃焼スープ食べられなかった。来週まで冷蔵庫で持つかな・・・。


そして今日は朝から都心で会合があったので、満員電車に揺られて東京駅へ。女性専用車両に乗っても満員でつらかった・・・途中ちょっとだけ座れましたが、それは私の前に座ってる人に「降りろー降りろー」と心の中でのろいをかけていたからかもしれません。


会合はしんどくて頭をあげていられない状況で、とりあえずブラックコーヒー飲めば眠らないだろうと思っていたけれど、英語がちんぷんかんぷんで(今フランス語脳に戻そうとしてるから英語は入ってこない)寝てしまった・・・ごめんよー。


出席している先生に論文のコピーライトをもらったので、会合に引き続き出席するよりは論文提出だと思い切りをつけ、お昼から研究所に帰ってまいりました。そこであれこれやりながら論文提出。Submitできました!!!!きゃーー2年越しの論文!!通りますように。サブミットするのがこんなにしんどいとは思いませんでした。エラーばっかりでオンラインサブミットは面倒くさいですね。
レビューする人を指定しなきゃいけないんですが、そんなんこの世界の人よく知らないから、ビッグネームを3人書いてしまいました。まさかね、そんなすごい人がやってくれるとは思えないけどね。ははは、やってくれたら奇跡だね。


これで研究経歴書に論文提出した事実がかけるので、そこを書いて明日新しい職への応募書類を提出します。これが提出できるまでは安心できないんです。怖いよう・・・明日までに交通事故にあったり、救急搬送されたり、体が動かなくなったりしませんように。書類が消滅しませんように。ちゃんと新しい仕事の応募書類が出せますように。


私が明日ちゃんと応募書類出せるように応援よろしくお願いいたします。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。