ひまわり畑を夢見るブログ

40歳超独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と本当の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく記録です

地霊と霊能力者、さてどうしたものか。

ひょいひょいと新興宗教の会合についていった私が悪いんですが。
昨晩3時ごろメールがあって、伝えられなかったことをたくさん書いてきました。


乳がんは家族に乳がん歴がある人はなりやすいから、私はだいぶさかのぼって探したんですよ、というはなしをしていたら、それに対しては「ご先祖様を苦労して探さなくても、修業した霊能力者では数百年前のご先祖様でも1秒で探し当てます」


「信者になるには、会員として、月いくら、年間いくら払います」


「開祖様は霊能力者でいまは3代目、誰でも修業を積めば霊能力者になれる」


「私の友達も何人も入ってますよ」


「修業にさそっていた友達が、連絡がなかったと思ったらがんで亡くなってしまった。修業しなかったから亡くなったんです」


「死んでからこの修業のすごさがわかるので、亡くなった友達は悔しがっているだろうね」


「あなたも修業しないとがんで命を落としますよ」


「修業をすればがんの再発転移の心配から解放されます」


「よく奇跡をおこすあなたについているのはたぶん神様です、おそらく地霊系の。神様は応援してくれるけど実はただではなくて、まとめて請求書が来るそうです。突然の事故や突然の病気などといった回収方法なんだそうです」


「一緒に修業すれば、その地神様にも恩返しができて、災厄から免れる」


ということを、抜粋ですが、とうとうと書いて送ってきました。
これで眠れなかったのです。


私にはちょっとした不思議な力があります。ちょっとした奇跡のようなことができます。そして自分の人生においてすべて神様の示した道がはっきり見えて今までやってきたことも奇跡だと思っています。迷わず此処に来れている、それが奇跡なのです。普通の人で私みたいにアウトロー生活を送っていたら社会的にもアウトローになるはずのところ、私は安全な道だけを照らされてそこを渡ってきました。綱渡りだけど。
それが、地神(精霊のような、そういうもの)のようなもののはたらきで、いずれ将来的に「今まで協力してやったんだから命もらっていくね!」みたいなことをするのだということですよね。つまり、「そのままでは突然病気で死んだりするわよ」と言われたことになります。そのまま、とはその宗教の修業をしないまま。


さてどうしたもんか。
どう言い返そうかと、思案していて4時過ぎまで起きていました。眠れなくなってしまい、ビール飲んで寝ましたが、朝はいつも通り起きてしまいました。あーこれで一日無駄になったな…。眠くて読書もできない。眠いんですけど眠れない。


その宗教のことを調べてみたら、知り合いなどを勧誘して自分の弟子にすると、位が上がるんだそうです。その彼女は、僧侶の資格を持っているので、弟子をたくさん作って上の位に上がりたいだけなんじゃないか。なんて思ったりもしました。


どうしたらいいと思います??
あ、修業を受ける気は全然ないですよ。でもこういう新興宗教者の勧誘って、ものすごく言葉巧みで、こちらの言うこと全部予測して言い返して自分の都合の良い風に持っていく訓練ができているので、まともに相手していたら、とても浪費してしまうと思うのです。


とりあえずメール無視だな…明日職場で会うのがつらいけど…。

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。