ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

ショック・ステージ4

私の親しくしている(と私が勝手に思っている)ブログ友達さんが、しばらく音信普通だったなと思ったら、2月に乳がんの骨転移が分かり、現在起き上がるのもままならないらしいのです。


ショック。


でも他人事ではないのです。それは私にも十分起こりえることなのです。


お友達が辛い日々を送っていることを思うと胸が痛みます。どうか、抗がん剤でよくなって欲しい、一生がんとの付き合いをしていくことになるだろうけれど、なるべく痛みから解放されて、平安な日々を送って欲しいと心から思います。


そう。神様はいるんです。
先日のこと。どうしても弾きたい曲の楽譜を探していました。楽譜は電子ピアノの上に積み重なっていて、ヴァイオリンの楽譜も一緒になっていて、カオスだったのですが、一通り見終わった後。なかったので落胆していました。そうしたら。一番上にあった楽譜を楽譜たてにたてたら、するっと、探していた楽譜が落ちてきました。ああ神様はいるんだな、なんて思いました。そんな小さなことで運を使っていてはもったいないので、もっといいところで運を使いたいと思いますが、神様はいるんですよ。


その曲は、ブラームスの「間奏曲」です。今、友人を想うと、頭の中にその曲が流れてきます。穏やかで憂いのあるなんともいえない美しい曲です。この曲を聴いて穏やかになってほしいです。

Brahms Intermezzo A Major Op 118 No 2 Lupu Rec 1976.wmv
Youtubeでいろいろきいて最も美しいと思う演奏を貼り付けておきます。ルービンシュタインもいいんですが、彼の演奏は速過ぎる。


私も今日はこの曲を弾こうと思います。
できるだけ多くのがん患者が、良い治療を受けられて、がんから開放されますよう、心から祈っております。

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。