ひまわり畑を夢見るブログ

40歳超独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

E.ブロンテ「嵐が丘」

最初から最後まで、愛にがんじがらめになりながら、魂をきゅうきゅういわせて読み終わりました。
今までフランス文学に偏りがちだったので、最近イギリスものを続けて読んでいたのですが、この本はイギリスだからとかそういうこととは関係なく、大変、苦しかったです。
私には、最初から、途中でも、ヒースクリフが悪人には思えませんでした。悪いふるまいをするたびに私も心が痛くて。復讐だなんていうけれどそんな簡単なことじゃないんだと思っていました。そう思っていたら、やっぱりそういう結末になりました。彼は救われたのです。望んだ人生を送ることができたのです。苦しみから逃れられたのです。


この本には評論がついていましたが私は読む気になれませんでした。憎しみは愛とおなじところから出ていることを、痛いというほどよくわからせてくれたし、私にそれがわからないほど私は子供なわけではないです。誰かの論でそれを邪魔されたくないという気持ちです。ちょっと気持ちが落ち着いたら評論を読んでみますが、今は今の思ったままでいようと思います。


苦しかったー。魂が厳しかった。だけど読まずにはいられませんでした。
誰かに感情移入していたわけではありませんが、素直にひねくれることなく暮らしてきた私にとっては、本当につらい物語でした。人を貶めたり、悪口を簡単に言ったり、そういうことが私にはできないので、そのレベルから心が痛かった。イギリス人はそういう罵詈雑言の中でも暮らせる人種なのかもしれない。でも私は無理だな。
たぶん陰謀を張り巡らせた巧妙な話は世の中にたくさんあると思うんですけど、「嵐が丘」はそんなもんじゃない。ひと時でも皆の幸せを願わなかったことはないほど幸せを求めてしまったけれど、最後はすべてが紐解けた気がしてなりません。ヒースクリフは決して不幸ではなかったし、幻影を見られたのも、彼にとっては幸福だった。彼のせいで息子のリントンは若干不幸な終わり方をしてしまったけれど、この若々しい犠牲者にもどこか神聖な気持ちを呼び起こされます。


久しぶりに重い本を読んだので、ちょっとこれからは面白おかしい本でも読もうと思います。っていうか研究会の準備しなきゃですね。水曜発表です。やっと今日上司のOKが出ました。急いで共著者に原稿を配布して、明日は一日で手直し作業です。記録に残らないような小さな研究会だけど、しっかり新しい世界で活躍しているところを、皆さんに診てもらわなきゃ。頑張ろう。


今日は菓子パン食べなかった!!お昼はサラダパスタ、夜はお寿司でした。健康的!
明日はつつがなく原稿の手直しができますように。

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

菓子パンの一日

朝、菓子パンとサラダ、昼、vie de franceでパン、おやつに菓子パン。夕飯はもういらないや…。
一日でこんなに菓子パン食べたの初めてです。というか、一日でこれだけ炭水化物を食べたのは、炭水化物減量ダイエットしていた私としては、本当に何年振りかです。


まったく、だらけた食生活だと思います。
でも。とっても食べたかったんです。秋です。おいしそうな菓子パンの新製品が販売されていたりします。サツマイモ、栗、クリームチーズ。どれも食べてみたかった。だから買ってしまった。ついには、夕飯まで我慢できずにおやつに菓子パン食べてしまった。


原因はストレスですね。今ちょうどプレゼン前でストレスがのっかってきてるので、読書に逃げたり、菓子パンに逃げたり、ネットに逃げたりしています。研究会まで理論武装のために気が抜けずに文献調査を頑張っているのですが(最近文系っぽい仕事してます)、逃げたくなってしまう。私はマゾなんですかね、研究発表のたびに強いストレスを感じてしまい、逃げ回る、そして罪悪感でやる気をなくす、だけど最後の踏ん張りで発表を仕上げる、その結果何とかなる。そんなサイクルを繰り返す職業についていていいんでしょうか。早死にしそうですよね。がんで死ぬか、ストレスで死ぬか。どちらかですね。なんか、自分がやってることが分からなくなってきましたよ。日本の将来のため、科学の将来のため、って大きな目標持っていた若いころの意気込みはなくなり、今はいかに世を渡っていくかしか考えていません。
昔は面白くて研究やっていたんですけど、今は義務感ですかね。研究手法を知っている身分として、学術の動向についてちゃんと意見していかなければいけない、新しい事実をきちんと世に発表していかなければならない。そんな義務感で、研究やってます。


だめだめですね…。本当は何がやりたいんでしょうね…。職業研究者になりたいとは思っていましたが、今まさにそうなのに、面白いとあまり思ってません。どうすれば自分が面白く楽しくやっていけるか。ほどほどに働けて、ほどほどに音楽ができて、ほどほどに好きな本を読んだり美術館巡りをしたり、何でもほどほどにできたらいいなと思っていますが、そんな職業はないでしょう。皆さん仕事と人生の折り合いをどうつけて生きているんだろう。苦しくないんでしょうか。苦しいの私だけなんでしょうか。



今週は燃焼スープを作らない週にしようと思います。
というのは、いい加減、一年以上ですか、この味に飽きたからです。しめじを入れてみたり、白菜にしてみたり、カレー粉いれてみたり、いろいろやってはいたのですが、限界でした。もう野菜スープはいい。一週間休んでみようと思いました。
体重が落ち切ったわけではないです。理想体重であるBMI20まではあと2キロとなりました。もうちょっと減らさないといけない。ですが、今週はうちの研究所で研究会があって、付き合いでお昼も外に出たりすると思うので、燃焼スープは作らないことにしました。
きちんと、お弁当食べようと思います。いや、菓子パンになるかな…いやいや。あかんあかん。菓子パンはカロリー高いだけで栄養はあまりないじゃないか。


じゃあ菓子パンはいつ食べればいいんだ?


菓子パンはいつ食べればいいんだーー!!


わかってます、菓子パンはダイエットの敵です。できれば食べないほうがいいんです。
だけど好きなんです。
こんなに好きなのに、菓子パンには振り向いてもらえない…。


今日は愚痴ばっかりで失礼いたしました。こんな人もいるのです。
せっかく生きられる命だから、もっと頑張らないといけませんね。笑点見たら仕事頑張しよう。

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

「嘘だらけの日独近現代史」

本は買うまいと、心に決めていたのですが。「嘘だらけの日仏近現代史」を読んでから、続編が読みたくなって、昨日研究会用のポスターも仕上がったことだし、土日余裕あるしで、ついつい買ってしまいました…。禁本守れなかった…。私ってホント意志薄弱…。


さて、昨日買って一気に読んでしまった「嘘だらけの日独近現代史」ですが。やっぱり面白いですね(でも日仏のほうがずっと面白かった。フランス史には個性的な人がたくさん登場して、いかにもフランス的なことをやらかしてくれていましたからね、ああわかるわかるってことがいっぱいでした)。著者の的確な突っ込みが、笑えます。本当に息抜きにはちょうどいい本です。


ドイツについては、長年いちおう形のあった(なくなった時もあったけど)フランスより事情が複雑で、途中まではどう考えても「日墺中世史」でした。まあ歴史的経緯から言って、ドイツというのが「ドイツ語を話す人」だったら、スイスもルクセンブルグもオーストリアも入るわけで、ドイツの前身が神聖ローマ帝国だったとしたらその盟主はハプスブルク家ですから、中世ドイツを語るにはやっぱりオーストリアを語らないことにはしょうがないのですが。
途中から簒奪したような、元ドイツ騎士団のプロイセン。その外交が面白い。ドイツ連盟からオーストリアを追い出したり、ドイツ帝国になってからロシア、イギリス、フランスをけん制してたら日本と合わせて4国で同盟組まれて孤立しちゃったり。私は今まで外交史には疎かったのですが、「日仏」と「日独」とを読んで、策略や工作の重要性を感じました。表に出てこない歴史だけれど、本当に世界を動かしていたのは、民衆でも皇帝でもなく、外交内政に対して確たる信念をもって策略を張り巡らしていた一役人だったりするのです。


しかしこの著者は、記述の正確さはともかく(ちょっと端折りすぎだよと思うところもある。そりゃ中世から書いてるんだから端折らないと書ききれません…)、ものすごく記憶力がいいんですね。古代から現代まで、よくぞ細かいことをおぼえておられて、突っ込みを入れていらっしゃる。その突っ込みの入れ方がまた面白い。
私の知り合いでも歴史好きで物理学から歴史学に転向した人がいますが、その人も記憶力がすごかったです。人名も時代もしっかり覚えていて、それぞれの出来事を見てきたかのように面白く語ってくれました。
私は記憶力が弱かったので、足し算と掛け算だけでわかる数学と物理の世界に飛びつきましたが、記憶力があったら歴史の勉強をしたかったですね。


それからこの著者はご専門が憲政学なので、話は政治的なことに偏ります。というか、日独近代史といえば外交史ですから、政治的なことに偏るのは仕方ないのですが。まあそういう本はほかにも出ているので、詳しく当たろうと思ったらもっと詳しい専門書を探せばいいのですが、私は正確さをこの本に求めていません。求めているのは突っ込みの面白さです。通説が書いてあり、本当はちがいます、という展開なのですが、その切り口が面白い。
本の最後には、日本の現状や将来についての言及もあり、この人は日本の事よく考えて本を書いているんだなと、若いのに、すごいと思いました。


この著作者さん、倉山満さんというのですが、ほかにも本をいろいろ書いているらしいので、読書の読みたいリストに加えておこうと思います。まだまだ読みたいリストはいっぱい入っているので、今リストに加えると実際読むのは来年になりそうですが。


今日は医者行ってカフェでフランス語の勉強してそれから読書して掃除して洗濯してました。明日はフランス語教室です。最近ヴァイオリンの練習が全然できていませんが、研究会が終わったら頑張ります。



にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ