ひまわり畑を夢見るブログ

40歳超独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と本当の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく記録です

本が届きました!ひゃっほー!

紀伊国屋に注文していた本が届きました。
10冊ですから持って帰ってきました。
アマゾンに注文していた中古のユングも届きました。案外と薄い本だったので、これは読めそうだ。内容が難しくないことを祈りつつ。まだ後日アマゾンの中古が数冊届く予定なので、楽しみです。

ほかにどんな本を買ったかというと、昭和史関係、バタイユ関係、あと中南米の作家の短編集、琳派の本などですかね。ここに重なっている以外に10冊以上読む本があるので、月に4冊読もうとすると半年は本を買わなくて済みそうです。ちなみに一番厚い本は「B面昭和史」、昭和史の庶民からの視点を書いたものだそうで、今回買ったものの中で一番楽しみにしていた本です。


今回は、誕生日プレゼントです。10月が誕生月なので。
今月の今後の大きな出費は、語学学校の10回分チケット18000円、ぶら下がるタイプのゴールドのピアス一つ、学会の旅費と宿泊費(これは帰ってきますが)、母が来るので一緒に食べるステーキ代くらいですかね…予定は以上。これ以上は絶対買わない。何があっても買わない。買い物に行かない。カードを持ち歩かない。お財布に食費以外入れない。


次回は、11月に秋学会がすべて終了したときに、学会終了記念として本を買おうと思います。ですから12月ですね。クリスマスプレゼントにちょうどいい。それに、思うように本を読めなかったら買わなければいい話ですし。とりあえず今後2か月禁アマゾン+禁紀伊国屋をやろうと思っています。
本の購入は、毎月1冊は買う予定があります。毎月1冊詩集を何か読もうと思っているのですが(通勤時にちょうどいいんです、30分の通勤時間で、バス5分、電車5分、待ち時間5分で読みます)、バタイユの評論でボードレールを扱っていたので、次はボードレールを買おうと思っています。誰の訳がいいのか、調べているところです。うちの実家のトイレには堀口訳が置いてありましたが(母の趣味です)、違う人の訳も面白いかもしれないですね。阿部良雄さんの訳に興味がありますが、どうなんでしょう。


今日は非生産的な一日で、ろくに仕事してないんですが、それもこれもコンビニのせい。いやいや人やもののせいにする私の悪い癖ですね。今日もコンビニで新発売の季節のパンを見つけてしまいました。食べたい!欲しい!だけど人間食べられる量には限りがある。それに平日は禁パンしているので、食べられない…。今週末は実家に帰るので週末に菓子パンは食べられない。土日に菓子パンが食べられないことを前提に、今日は菓子パンを買ってしまえ!
ということで、ファミマの「メロンクリームコロネ」を購入、夕飯に食べてしまいました。ふうー満足。これで悩ましさの一つが解決した。


帰宅して熱を測ったらやっぱり37度以上はあったので、まだ治りきっていないんだと思います。漢方で改善できるそうなのですが、病院行くなら明日しかないよなあ…。漢方を積極的に処方してくれる病院ではないので、どうかなあと思っています。普通の病院なら、消炎剤と抗生剤出しておしまいだと思います。それで治るとは限らないのに、病院にわざわざ行く必要があるだろうかと。季節性の自律神経失調症なら季節が落ち着けば治るんじゃないかと。
まあでもしんどい状況は変わりませんからね、しんどくても仕事は行く。でもしんどかったら音楽ができない。はあーーーー。どうしたもんか。医者に行ってもいかなくても治るのは同じ時期だと思うんですけどね、気休めに抗生剤とか飲んでも、結局同じだと思うんですけどね…でも抵抗力が落ちて病原菌に感染して科研費締め切り前や学会前に倒れたら大変だから、やっぱり病院行っておこうかな…。うーん。悩ましい。


悩ましい。
悩ましい。


どうしたもんか。
私にとって最も難しい問題が、病院に行くかどうか、であります。
そういう難しいことは先送りにして、とりあえずおやすみやす~!

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。