ひまわり畑を夢見るブログ

40歳超独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と本当の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく記録です

3か月検診とゆったりな一日

乳がん3か月検診でした。といってもやるのは触診だけなんですが。ちょっと気になっていたゴロゴロするところは「乳房の繊維で、異常ではないです」だそうです。
ということで心配なく無事に終了。
放射線のK先生に、最近熱がずっと引かないんですよという話をしたら、ちゃんと聞いてくれました。炎症反応もなく血液検査は全く異常がない、風邪の症状もないということでやっぱり季節性の自律神経失調を疑われました。だからといってその大病院の内科に紹介するには、かかりつけ医からの紹介状がいるからというので、本当に心配なら、町医者に行って紹介状もらってきてといわれました。
でもちゃんと聞いてくれる姿勢は、某O先生とは全然違いますね。
O先生診察は、もはや診察ですらなく、「おかわりありませんか」とも聞いてくれず、処方だけで終わりました。2分くらいでしたね。


病院についているコンビニはローソンなのですが、なかなかおいしそうなパンのラインナップに誘惑されつつ、パンは我慢して、200kcal以下のマロンクリームどら焼きを購入。これをお昼のドトールに持ち込みました。

ドトールでは2時間くらい時間があったので、サンドイッチを食べてから読書していたのですが、3行くらい読んだら寝てしまったようで、記憶が飛んでいます。別に寝不足というわけではないのですが、今読んでいる「空海入門」は催眠作用と胃のむかつきを引き起こす作用があり、いっそぶん投げて踏みつぶして返品しようと思うくらいなのですが、もうあと15ページくらいで終わるので、根性で読むつもりでいます。ひょっとしたら大どんでん返しですごく感動ということが、万が一にもあるかもしれません(もうね、正直そんなことみじんも期待できないレベルなんですけどね!!!)。
読書って、今までつまらないものにはめったに遭遇したことがなかったのですが(どんな本でも、読むべきところはあるのだと思っていました)、読んでてつらい(感情移入して辛いんじゃなくて、論に腹が立ってくるとか、飽きてくるとか、ばかばかしくて笑っちゃうとか)というときは、頑張って最後まで読まないで放置してもいいんじゃないかと思い始めています。まあでもお金払ったからね、得るものは得たいという、貧乏根性が出てしまいますが…今読んでるのは時間の無駄とすら思い始めています。
放置している一冊がジャン・ジュネ。これは別の理由で放置しています。私の買った本は調べてみたら「悪訳」で有名な版だったらしく、大変難しいらしいです。ちょっと失敗したかな、海外文学は訳者をちゃんと見てから買わないとだめなんだなーと思ったりもしました。よく読まれている版のほうを購入しようと思っています。どこで買ったのかを覚えていて、レシートがあれば、交換という手もあったのでしょうけれど、もういつ買ったものか忘れてしまいまして。


今日も安定の37度。だるいです。寝ていれば治ると思っていましたが甘かった。のどが渇くのでたくさん水分を取っています。体調悪いのに体重はどんどん増えています。治すためにしっかり食べなければと普段よりもしっかり食べていることと、燃焼ダイエットスープをやめていることが理由だと思います。
最近朝は体温が低くて大丈夫なのですが、11時くらいから調子が悪くなるというパターンが続いています。これが続くとつらいので、明日も午後に熱が出たら、明日は病院に行ってみようと思います。


ということで、今日は一日ゆっくりできました。布団でごろごろして、本読んで、テレビ見て、昨日買ったケルトの歴史を読んで楽しみました。一人でこれだけ楽しめるって私の才能だと思います。本当は楽器の練習もしたかったのですが、最近頭の中に音楽が流れないので、音楽脳が死んでいるのだと思います。スイッチ入れたくなったら入れます。


今日も熱があってしんどいので、頑張って寝ます!
おやすみやす~!

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。