ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

もう、どうしたらいいか…!

論文が終わったので新しい上司と話をする機会ができました。


かなりの犠牲を払って私のことを雇ったのだと教えてくれました。
その犠牲に見合った成果を私が出せるんだろうか。
上司は私の先輩でもあるし、博士にいくきっかけを作ってくれた人だ。
期待にこたえられるだろうか…難しい…私にそんな能力はない…。


もうどうしたらいいか…!!
ごめんなさい、期待にこたえられないのでやめます…って言えばいいのか。
一人雇うのに800万かかるのだそうです。部屋の予算の800万を削ってまで私を雇ってくれたらしいのです。だから研究室のお金はかつかつらしくて、自分の研究の予算は自分で取ってくるようにといわれています。
もちろん人を一人入れるのに、上の人、その上の人、また上の人を説得して回ったそうです。


私、外部資金も内部資金も獲得経験がありません。
学振でさえ2次で落ちてます。


はあー、自信がない。
恩に報いる自信がない。
もう居場所がない。


上司に、今後どうしたいかと聞かれた。
3年から5年は働きたい。ひとつ仕事したい。
その後はデパートの店員でもかまわない。
そんな話をしました。


まあでも今はもう食についてしまったのだから、週明けの内部資金の申し込み締め切りまで頑張って申請書を書こう。少しでも資金を取ってこられるような、魅力的な研究内容を考えよう。


だめだなあ…気楽に雇ってくださいなんていうんじゃなかった。そこは私は無責任だった。責任持って、しっかり、頑張ろう。精一杯頑張ろう。やれることは何でもやろう。


頑張りたい。頑張ります。新上司のために身を粉にして働きます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。