ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

一人旅

今日は朝7:30に宿を出て、9:25のフィレンツェ行きの電車で移動。とっても時間に余裕がありました。ええとっても。アッシジの駅で一時間くらい待ちました。お年寄りタイムで動くということはこういう事なのです。

駅員が居なかったので、自販機で切符を購入しようとするも、神父様、機械がわからなくて買えず。私が拙いイタリア語知識で機械を操作して購入できました。二等席で座ってゆっくり、じつにイタリア的にゆっくり走って電車はお昼前にフィレンツェに到着。

ホテルは駅からすぐで、値段の割には豪華でバスタブ付き、ダブルベットにシングルベットがついたツインルーム。部屋にはミネラルウォーターも準備してあって、清潔でなかなか。一泊59ユーロ。

お昼は神父様の先導で中華のファストフードでビーフンを食べました。もう、注文するのはイタリア語で出来るようになりました。母にもやってもらったりして、我々大分イタリアに馴れてきた感じです。

そこから私のリクエストでウフィッツへ。行列が出来ていて、係の人が言うには二時間待ちとのこと。そこで、私が列に並んで皆さんには観光してきてもらうことにしました。ところが45分くらいで入れそうになって皆さんを呼び戻して列に入って貰ったら、係員にそれは不正だと怒られてしまいました。

ずるいことはするものではないですね。結局私だけがウフィッツを見物し、皆さんと別行動することになりました。

私としては母にもボッティチェリやミケランジェロをみて欲しかったのですが。

共同研究扱っている画像のオリジナルを見て良かったです。並んで板割には人がまばらでしかも日曜日なので無料ではいれてお得感いっぱいでした。

これは私のお気に入りのシ二ョレッリの聖家族。

でも私、ルネサンスの絵画はそんなに好きな方ではなく、最初は細かく見ていましたが、ミケランジェロみて、ダ・ヴィンチみて、あとは適当に流しました。絵画の意味が分かると楽しいのでしょうが、大体キリスト教のことで、よく説明してくださる神父様はおられない。時間も5時になってしまったので後のほうはちゃんとみていません。

それから宝石に興味があった私は、ヴェッキオ橋の宝石店街にいってみました。安くいいものがあったら買ってもいいかなーと思っていたら、あまりにも高過ぎて、見るだけで終わりました。

フィレンツェは皮製品の街、いいバッグがあったら買ってもいいかなと思って見ていたら、露店の物は大体中国製品だそうで、デザインも特に気に入った訳でもないので買わずじまい。

一人で自分の歩行速度で街をぶらつき、ジェラートも食べて、壮麗なドゥオーモを外から見て、1人旅終了。

夕飯はホテルの人にオススメのお店を聞いて、その店の割引券をもらってパスタを食べに行きました。せっかくなので赤ワインも。大変おいしゅうございました。

減炭水化物ダイエットをしていたところで、イタリアに来て炭水化物三昧となって、リバウンドしてしまいました。泣きそうです。体重は計っていませんが、人生最高体重になったと思っています。帰国したらまた厳しく燃焼スープダイエットをしようと思います。

フィレンツェの街は大体見てしまったので、明日は少し離れた所にバスでいくようです。

バスタブでゆっくり暖まり疲れも取れました。明日は天気がいいといいなあ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。