ひまわり畑を夢見るブログ

40歳超独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

400ページの専門書読了

ハードカバーの400ページの専門書、なんとか休み中に読めました。
もともとは英語で書かれていた本で、訳がなんだか難しくて読みたくなかったのですが、全部頭に入らなくてもいいやと諦めた感じで読んでいたら、最後までいきました。
あとは内容を整理して、キーワード抽出して、研究計画書に反映させる作業が残っています。
普段からこのくらい速く読書が出来たらよかったのですが…速すぎると頭に残らないのですよ。たぶん明日になったら忘れてる。けど、もうたくさん読んだので、読み返しとか振り返りは明日することにします。


さて、読んでしまったら暇になりました。ピアノの練習もしたし、ヴァイオリンは今の時間弾けないし、たくさん読書をしたので別の本を読む気分にはなりません。マンガもちょっと読む気分になれません。目は使いたくないです。


そうすると何もすることがなくなってしまいます。
明日の準備も完了しています。退屈だー。


実家から「ベルガマスク組曲」の楽譜を持ってきました。「月の光」は慣れてきたので、ほかの3曲を頑張って練習してみようと思っています。しかし「月の光」は本当に弾くときに神経を研ぎ澄ませないといけませんね。楽譜見てみると、フォルテ記号が全くないのですよ。大きな音出せない。全体をピアノ(P)で滑らかに弾かないといけない。あまり歌いこんだり抑揚をつけちゃいけない、ピアノの響きだけで聴かせるように弾きたいですね。何度弾いてもうまく弾けたと思えることがなくて、奥が深いなと思います。でも弾いていて気持ちいい曲でもあります。純粋なピアノの音が楽しめて、心を無にして弾けます。


明日は出勤します。出来たら早く帰ってきてヴァイオリン練習したいです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。