ひまわり畑を夢見るブログ

40歳超独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と本当の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく記録です

沖縄出張一泊二日

きついスケジュールでした。
初日は朝5時起きで、6時には家を出て、昼前には那覇到着。お昼ごはんを、空港食堂(空港の一番端っこにある、結構安い、地元の味の食堂)でいただき、集合して観光バスで研究所へ。那覇から1時間半。結構遠かった。
会議をやって、みんなで鉄塔の上から夕日が沈むのを見て、その日は終了。


ホテルにチェックインのとき、会議に参加する30人が並んだのですが、なんというか、フロントの人がもたついているというかのんびりしているというか、もっと手際よくやってくれれば良いのに、のんびりゆっくりだったので、秘書さんが切れて「これだから沖縄時間は!」とおっしゃっていました。まあ、沖縄だから、なんていったら沖縄の人に失礼ですが、見ていた私もちょっとやきもきしてしまいました。領収書の宛名間違ってたし。


飲み会。豚の鉄板焼きでした。隣にグループリーダーが座ったので大変緊張しました。ビールジョッキ1杯と、チューハイ半分で、つぶれました。あれ、おかしいな、こんなに弱くなかったんだけどな…。豚肉はすごくおいしかったです。お豆腐もおいしかったです。あとは、もずくのてんぷらを食べたのですが、これが新食感!
2次会にはついていって、お刺身にマンゴージュース。お刺身、東京で食べたほうがおいしかったかも。なんか、魚の身にしまりがないっていうか。
12時過ぎにホテルに帰り、同室の秘書さんは私のかつらにも飲む薬の量にもびっくりせず、なんか覚悟して来たけどあっさりでびっくりです。意外と他人のことは気にしない人っているんだ。よかった。


翌日、8時半出発9時から会議。私も発表しました。お昼はお弁当。沖縄のお弁当はでかいと聞いていたけれど、大きかったです。全部食べられなかったです。午後も会議で、早めに切り上げて夕方ちょっと景色のいいところにいって、空港へ。お土産買って、空港の四階のレストランで夕飯にゴーヤチャンプルーを食べて、8時過ぎの飛行機で東京へ。
羽田空港からリムジンバスで近所の駅へ。そこから電車で一駅。待つこと20分。帰宅したのが0時30分。はあーつかれた。


沖縄で食べた、じーまーみ豆腐というのがすごくおいしかったです。ピーナッツの風味と独特の食感で、黒蜜を掛けて食べるとすごくおいしいです。プリンかと思ってしまいました。空港で売っていたので自分用のお土産として買ってきました。
あとパインケーキも自分用にお土産。
職場のお土産はクッキー、マンゴーとシークヮーサーの味。
本当はしまとうがらしとかマンゴーとか買ってきたかったけれど、それはまたの機会に。ってもう職も変わっちゃうから、沖縄の研究所に行くことはなくなるんですが。


東京は寒いなー。
実質最後の発表が終りました。あとは仕事をどうやってランディングしていくかが問題ですね。3月までですが頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。