ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

白髪抜き+何時から毛を染めるか

ここのところ、比較的家に早く帰れるようになり、勉強時間の前に少し自由な時間ができます。
そのときに髪の毛をいじってしまいます。
ぴょん、と飛び出した白髪などを引っ張って抜いてしまいます。
先のほうがぐにゃぐにゃに曲がっていて、根元のほうはまっすぐの白髪です。抗がん剤の影響が徐々に薄れてきているのがわかりました。


早くウィッグを取って、髪の毛直毛にして白髪を染めたい、と思っています。


抜いた白髪のうち、根元のほうが黒くしっかりした髪の毛だったというのもたくさんありました。そういう髪の毛は抜くんじゃなかったなと後悔したりしました。このまま育てていけばひょっとしたら黒い髪になってくれたかもしれません。


抗がん剤後の白髪の勢いはすごいです。両サイドに白いメッシュが入った感じになってしまっています。地毛で鏡を見ると10歳くらいふけて見えます。やっぱりウィッグをかぶっていたほうが若く見えます。抗がん剤の影響で白髪が増えてしまったようです。


さて抗がん剤後どのくらいから髪の毛を染めていいのか、ということについて調べてみました。意見はいろいろです。ウィッグするより地毛で染めていたほうがいい(ウィッグは蒸れるので髪の毛によくないそうで)いう方もおられるようですが、私は、髪の毛がしっかり根付いて(今はちょっと引っ張っただけでぬけてしまいます)、太さも出てきて、こしがでてきたら、染めようと思っています。できれば縮毛矯正もしたい。


抗がん剤を機会に髪の毛の性質が変わってしまう人がかなりいらっしゃることに驚きです。いつか元に戻るものと私は信じていたのですが、戻らない人もいるとのこと。戻らなかったらどうしよう…。暑苦しくて重苦しくて嫌だったけど前の髪の毛に戻りたいです。


とりあえず週末に美容院に行って、ウィッグがかぶれるように伸びた後ろの髪の毛を短く切ってきます。
今週も土日が無いなあ…。11月の学会まで休日なし。突っ走ります。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。