ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

風邪を引いたときにできること

シンポジウムも終わり、過緊張状態がほぐれて、たまっていた疲労がどっとやってきたのか、風邪引いてしまいました。楽しみだった英会話の教室もお休み。


熱があるのであまり行動はできない。
ためしに読書してみましたが頭に入ってきません。
眠ろうにも目はさえて眠れません。
楽器の練習はしんどくて無理です。
何か食べようにも、うーん。リバースしそうな気がします。


心は元気なので何かしたいと思うのですが、無駄に過ごしてしまった。勉強もできなかった。
燃焼スープを作るにも買い物にいけなかったので明日作ることになりそうです。今日の分のスープは食べられなかったのでそれも明日のスープに混ぜてしまおう。


こんなとき、何をすればいいんでしょうね。掃除?洗濯はしちゃったし、コンビニで食べられそうなものは買ってきたけど食べられないし、うーん。



最近ブラームスのチェロソナタ1番にはまっています。これ、ヴィオラ版が出ていまして、チェロの1オクターブ上でやるのですが、弾いた感じ、やっぱりチェロのほうが迫力があって、ずん、とした重さがあって良いです。
マイスキーの演奏がYoutubeにあるのでぜひ聞いてみてください。

Mischa Maisky & Pavel Gililov: Brahms - Cello Sonata No. 1 in E-minor, Op.38


マイスキー聞いてると自分もチェロ弾きたくなるんですが、もうこれ以上楽器に手を出したら自分が何者か分からなくなってしまうので、チェロは聴くだけにしようと思います。


ということで。風邪を引いた一日はブラームスのチェロソナタ1番を聴きまくっておしまいです。重低音に癒されました。


風邪のときこんなことしたらよいのではというのはないですかねえ。


明日はきっと元気になりますのでまた応援よろしくお願いいたします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。