ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

読書、頭に入らず

何ででしょうか、今、論文の下準備で本をたくさん読んでいるんですが、ちっとも頭に入っていきません。頭に残っていません。この本の主張は何だったのか、ということを記録しながら読んでいるのですが、その記録を見てもぱっとしません。


一方で、毎日ちょっとずつ読み進めている本があります。本当にゆっくりで一日5ページくらいです。そういう読み方をしたほうが頭に入るようです。


どうやら私の頭は、速読しても記憶に残らない、ゆっくり文脈を理解しながらでないと読めないようにできているらしいです。


さくさく読めてしまった本も、「面白かった」という印象は残りますが、内容をしっかり語れるかというと、むしろあまり面白くなくて時間をかけて苦労した本のほうが内容を語れたりします。


パリで日本文学を教えていた頃からそうだったので(生徒さんの数が多かったのでなるべく短い作品を分析対象に選んでもらっていたのですが、たまに長編の分析をしたがる生徒さんがいて、そういう作品のほうが今でも情景を思い浮かべやすいです)、老化ではないとは思いますが、もうちょっと頭に入ってほしいと思います。



今日は二日酔いです。眠れなかったので夜中に飲んでしまいました。
おまけに筋肉痛…。
今日はなんだかいいことない感じがします。今手がけてる仕事が上司の目にとまり、ぜひそれを応用して、外注せずに(!)自分でシステム作って欲しいとのこと。私エンジニアじゃないしSEでもプログラマーでもないんですが…期待されるとちょっと重いです。ストレス感じます。


まあでも、やれること、出来るところまで頑張ってみようと思います。この仕事やっている限りは退屈しないで済みそうです。自分のプラスにまったくならないんですが上司が喜ぶならやりますよ。頑張ります!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。