ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

太ってしまう原因は睡眠の薬だった?

がんと分かってから鬱になり、鬱状態は今はすっかり改善したのですが(ケモブレイン的なものは時々残っているなと感じますがそれも改善されています)、全く改善せずひどくなっていっているのが、睡眠障害。


睡眠薬だけでは効かなかったので、いろいろな薬の組み合わせで作った薬カクテルで何とか眠れている状態でした。睡眠薬は通常2種類しか出せないというので、2種類の睡眠導入剤に加えて抗不安薬・安定剤をミックスしています。


それがここのところの学会の締め切りやシンポジウム発表や転職などのストレスで薬の効きが悪くなり、入民困難、途中覚醒、早朝覚醒が酷くなり、大体薬を1時に飲んだら眠れるのは2時半くらいで、4時にはもう起きてしまい、根性で寝ると6時までは眠れるけれど、あとは全く眠くならない、けれど午前中は眠い。仕事もますます進まなくなり、そうするとますます眠れなくなるという悪循環に陥っています。


医者に行って症状を述べて、「これだけ出してるのにそんなに眠れないの?」とあきれられたというかびっくりされてしまいました。そういわれましても私にとって睡眠というのは大変難しいことなんですけど…。
手を出したくなかったらしいですが、とうとうメジャートランキライザーが処方されました。
それに加えて今まで飲んでいる薬を見直してみると、体重が日々増えていくようになった時期と、とある薬が処方された時期が一致している…。


精神に作用する薬には太る副作用(おもに食べたくなるために食べてしまう)が多いと聞きます。
私が今まで飲んでいた薬の中にジプレキサというのがあり、それはそれはとても太りやすい薬なのだそうです。向精神薬の中でも最も太りやすいのだそうです。食べたくなるという精神的な作用のほかに、代謝そのものも落とすそうなのです。これだ…日々太り始めた時期と処方された時期が一致する。
それから今回処方されたメジャートランキライザーのひとつ、レボトミンも検索してみると太る薬らしい…。


そしてもちろん毎日欠かせないタモキシフェンは太りやすい薬。


私、ダイエットしてるんですけど、これだけ太る薬を飲んでいたら、ダイエットになんかならないのでは?
不眠症を改善することが、たぶん、優先的にこなさなければいけない「仕事」に直結しているので、ちゃんと睡眠するための薬は飲んだほうがいいし、がんの再発転移を防ぐためタモキシフェンは絶対はずせない。ということは、太っても仕方がない?


いやいやいやいやいや。太っても仕方がないだって?そんな情けないことをよく言えたもんだ。根性がたりんのだ!つい甘いものに手を出してしまったり、甘いものを断れなかったり、自分に甘すぎるのだ!あかん!だめです!これからは甘いものが配られたら秘書さんに全部渡そう。


ということで、薬で太りやすいけれど私はさらにその太りやすさの上を行くダイエットをしなきゃいけないと心を新たにいたしました。
明日から燃焼スープダイエット8クール目です。
太りやすい薬を飲んでいる限り、このダイエットを続けようと思います。
最近味に飽きてきましたが…カレー味とか、オリーブペースト味とかいろいろ試してみようと思います。


ともかく優先順位を考えねば。
仕事>太らないこと>資格試験>音楽>おしゃれ>読書>>>>>いろいろ。
こう考えると、まずじっくり睡眠することができて、薬が減ればダイエットに直結するので、ともかくじっくり睡眠することを日々心がけようと思います。
もちろんダイエットも続けますよー。太りやすい薬を飲んでいるなんて思えないほどしっかり体重コントロールしようと思います。


仕事がうまくいってよく眠れるようになりダイエットもすすむような好循環に持っていけるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。