ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

乳がんに大豆はいいのか

この問題には賛否あるようで、ネットで調べてみました。


まず、
「がん発症」を抑えるのに効果があるのか、「がん再発・転移」に効果があるのかという2つの視点がありますが、後者を取り上げていきます。


はっきりと、「大豆ががんの再発を防ぐ」ということもいえないし「大豆ががんの再発を促す」ということもいえないようです。


日本乳癌学会の「患者さんのための乳癌診療ガイドライン」

によりますと、大豆イソフラボンには、乳癌を育ててしまうエストロゲンと似ている構造を持っていることから、大豆イソフラボンの摂取はがんを成長させる方向に働くのではないかという懸念がありますが、いくつかの研究で、再発リスクを高めるという研究結果は出ていないようです。


むしろ、いくつかの研究では、大豆を摂取することで、がんの再発リスクが抑えられたという結果(果たして有意な結果なのかは分かりませんが)が出ているらしいです。
大豆に含まれるその他のいろいろな成分に抗がん作用があるのだそうです。


じゃあわれわれ元乳がん患者は大豆をたくさん食べたほうが良いのか?
それはたぶんバランスのよい食生活の中に大豆製品が入っているのが理想的で、がんの再発を抑えるために大豆製品ばかりを食べたり、イソフラボンのサプリを摂取するというような極端な食事は避けましょう、ということなのだと思います。


結論として、私は大豆、大豆製品はほどほど食べていこうと思います。毎日お豆腐は食べたいですし、お味噌汁も飲みたいです。
こちらも参考になります。

大豆製品を食べないよりも食べたほうが再発リスクが減少するということを言っています。


大豆のイソフラボンの中にはエストロゲン(女性ホルモン)と似た形の化学構造を持っているものもあるので、大豆イソフラボンを摂取するとそれががんに結びついてよりたくさんがんが増殖しそうですが、そうでもないみたいです。エストロゲンの代わりに結びつきやすいかもしれないけれど、それで増殖させる力はないのか小さいのだと思います。これは私の予測ですが。大豆やイソフラボンに含まれる抗がん作用のある物質の恩恵のほうに着目して、相対的に大豆製品はがんの再発リスクを減らすもの、というふうに言うことができるんだと思います。


いつかヨーグルトとがんの再発についても調べて記事にしますね。私ヨーグルト大好きで、いつでも食べていたいのですが、乳がんにはよくないという話を聞きますし、大豆ヨーグルトのほうが良いという方もいますし、いろいろなので。


今日は高コレステロール血症の治療で内科に行ってきました。血液検査だけでしたがビタバスチンは飲み続けないといけないんだろうなと思っています。太っているわけでもないのでなんで高コレステロール血症になってしまったのか分かりません。ダイエットのせいかもしれませんが、ここのところ宴会続きで毎日食べまくっていますし…。


体重は前回(1ヶ月前)よりちょっと増えていました。標準体重ギリギリというところです。
ダイエットがんばります。宴会を控えめにしてバランスよく食べていこうと思います。
応援よろしくお願いいたします!!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。