ひまわり畑を夢見るブログ

40歳超独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と本当の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく記録です

こういう時どうします?

私馬鹿ですね、昨日薬局で買った薬をどこかにやってしまいました。
基本私の部屋には本と服しかないので、本の間か、服の上に置いてあるはずです。ひっくり返すと混ざってしまうので、ひっくり返さないように、上から見て、探しましたが見つかりません。
こういう時、どうします?あきらめて寝るか、ひっくり返すか。いっそのこと部屋掃除してしまうか。コロコロしたくなるからなあ…。


ところで、イタリア語を学んでいた知人の恩師という人がイタリア文学の翻訳をかなり残しているらしく、イタリア文学に興味を持っていた私も読んでみたいとその恩師の訳した本を購入してみました。
ところがこれが。誰が読んでも「悪訳」なのです。というか、日本語が大丈夫か?レベルです。「きゃー読んでみたい楽しみ♪」といってしまった以上、感想を言わなければいけないと思っています。紹介してくれた人は「日本では最後の詩的表現者と言われてるんです」と自慢げにその先生の業績を話しておられたので、とうてい読めない、なんてことは言えません。
でも感想は言わなきゃいけないよなあ…。でも正直読むに堪えない。時間がもったいない。イタリア文学は興味あるけれど、うーん。


こういう時どうします?頑張って読むか(ちなみにアマゾンの書評でもけちょんけちょんに言われていて、買う前に書評の中で一番マシなのを選んだつもりですが、1行目から、あかんと思いました)、あらすじを調べててきとーに流すか。正直に読みにくかったといっても、それは私のキャラ的にはありだと思うのですが、自分の師匠をよく言われないということは、とても傷つくと思うのですよね。だから下手なことは言えないです。


最近やっと澁澤龍彦を一冊読み終わり(この人も決して名訳ではないと思います、日本独特の表現をフランス文学に取り入れたりして、どうしても原著に帰りたくなります!!次にフランスにいったらサドとユイスマンとコクトーは買ってこよう!!)、前にご紹介いただいた「妊娠小説」というのを読んでいます。語り口が好きな感じなので、すごく読みやすいです。ちょっと古い本なので、アマゾンで探して170円で買えたんですが(送料のほうが高かったです)、寝る前の楽しみになりました。


なお、フランス人の評論ではバタイユの「悪の文学」というのを買いました。この本では「嵐が丘」の評論もしていて、それで検索して知ったのですが、バタイユだったらあの作品をどう言うだろうと興味をもって買いました。ほかに「悪の文学」の中で評されているのは、ボードレール、ジャン・ジュネ、ブレイク、ミシュレ、プルースト、カフカ、サドだそうで、ミシュレは読んだことないですし、プルーストは将来の目標であって今は読む気がないので読みませんが、ジャン・ジュネとサドは読んでから(カフカは日本文学講座の課題図書だったので嫌というほど読みました)、このバタイユを読みたいと思います。
つくづく自分は「悪」とか「背徳」とか好きだなと思います。はい、大好きです。


並行してフローベール、通勤時にランボー。最近こうやって並行して読むのがマイブームです。でも今月は具合が悪くてあまり本が読めていません。読書は私の現実逃避なのですが、現実から逃避できていないのでストレスたまりまくりです。


早くヴァイオリン弾きたいです。モーツアルトメドレーをやってすかっとしたいです。
熱が引きますように。


にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

異常なし!薬なし!対処なし!

今日は朝からだるだるだったので、仕事を休んでしまいました。ああこうやって追い詰められていくんだな…明日一日で書類を完成させなければいけません。うわあああ心配。できるのか私。24時間かければかけるか?とりあえず形式的にできれば18日の仮提出はクリアできるけれど、そのあと学会準備と並行して科研費の本締め切りに間に合うのか??


それで、今日血液検査の結果が出るというので、病院に結果が届き次第診察してほしい旨連絡をしておいて、で、連絡がきたので、診察に行ってみました。


「肝臓は全く異常はなかったですよ」


ALTもASLも基準値に戻っていて(ASTが1大きかった)、ウイルス感染や脂肪肝などの所見はないのだそうです。
栄養状態も良いみたいだし、炎症反応も全然ないし、肝臓の異常ではない、熱が出るのはやっぱり自律神経異常か、慢性疲労症候群だろうとのこと。


自律神経の問題か…。これは季節が落ち着けば大丈夫だからということで。今回は薬は何も出してもらえませんでした。


タモキシフェンの話もしてきました。先生はあまりご存じないようだったので、説明したんですが、脂肪肝の所見が見られないことと、炎症反応がないことで、心配はなく、このままタモキシフェンを続けてもいいという結論に落ち着きました。


帰りがけに行きつけの薬局によって相談してみたんですが、解熱剤には大きく分ければイブプロフェンとアセトアミノフェンがあって、病院で処方されたアセトアミノフェンが効かなかったとなるとイブプロフェンが良いそうです。でも私イブプロフェンが効かないんですという話をしたら、量が少ないのかもしれないということで、今最大のイブプロフェン含有量を有する薬を勧めてくれました。気休めでもないよりいいかと購入しました。


帰宅して熱計ったら37度超えてました。
だるいー。今日も燃焼スープ作れず。今週はもう無理ですね。明日秘書さんにキャベツをあげてしまおう…。

正直、休みたいのです。じっくりゆっくり休んで熱が出なくなるまでのんびりしたい。入院でもして検査したいです。
あーでもそんなことしたら来年の職がなくなってしまう。

もう、根性で頑張るしかないですね!!ご飯たくさん食べて、やるだけやります!今晩はしっかり寝ます!!明日は修羅場決定!明日一日生き延びられますように。どうか熱が出ませんように。
寝ます!!

肝臓の異常、原因はタモキシフェン?

吐き気と戦いつつ、目を閉じるとぐるぐるしてくるので、一所懸命横になりながら、目をしっかり開いて、肝障害、肝炎、ALTで検索していたら。


ALTのみ上昇する場合は「脂肪肝性肝障害」が疑われるとのこと。


タモキシフェン(乳がんのホルモン治療薬)の「主な副作用」にばりばり「非アルコール性脂肪肝性肝炎」「脂肪肝」て書いてあるやんか!まじか?まじでか?ほんまや!!それや!!


脂肪肝て。ええええええええ一!!言うときますが私BMIは20ちょいなので、すごく太っているわけではありません。ちょいぽちゃくらいです。標準体重以下です。脂肪肝て、肥満の人がなる病気ちゃうの?


脂肪肝…。いやー、お酒そんなに飲んでませんけど、っていうか全く飲んでいません。脂は一日にお肉の炒め物に含まれているくらいの脂分あるいは焼き魚に入っている程度しかとってません。お菓子もかなーり控えてますけど(毎日おやつカロリーを計算しメモしていて、一日のおやつのカロリーが250kカロリー以下になるように自制していました。この涙ぐましい努力の結果がこれですか???神様はそんなに非情なのですか???ひたすら蒟蒻畑を食べてしのいでいたというのにこれですか???)、菓子パンを土日に食べているくらいです。最近チョコレート食べると口の周りがかゆくなるので食べてませんし。それでも脂肪肝になってしまうんですか???神様それはないんじゃないですか??こんな甘いもの我慢してチョコレート我慢して脂もの我慢してきたのに!!胃炎だから脂もの食べられないしデニッシュ系のパンやお総菜パンも我慢してきたのに!!


脂肪肝そのものは症状はないそうです。血液検査で肝臓に関連するいくつかの数値が高いだけです。7月の研究所での検診では異常はありませんでした。ATLも全然普通の値でした。


じゃ、この、1か月近く引かない熱は何なのさ、ってことになり。


「非アルコール性脂肪肝性肝炎」


脂肪肝細胞が炎症を起こしている状態。
これが一番可能性が高い。
ALTのみが高いというのも、これが当てはまるらしい。7月の健康診断では異常ではなかったから、やっぱり9月19日あたりから炎症が起こったと思われます。


素人知識であれこれ考えるのはあかんので、この辺でやめときますが、熱を下げるにはタモキシフェンをやめなければいけないとなると…乳がん、すすんでまうやんか…!!がーん!!がんだけに。


えーと。ホルモン剤治療は閉経前と閉経後で違う薬を使うことができるので、抗がん剤で40代前半で閉経してしまった私は閉経後の薬を使っていいことになります。ということで、タモキシフェンの代替薬が使えるはずです。肝炎を引き起こさないような薬があるはずなので、それに変更してもらいましょう。


はあーいずれにせよ乳腺外科に行かないとだめですね。あのO先生に報告しないとだめですね。あの先生、確たる証拠なしにいい加減なことは絶対言わないので、肝臓の徹底的な検査(生検含む)の結果まで見ないと、タモキシフェンが原因だなんていわないだろうな。自分の処方に絶対の自信持っているからな。ましてや私たくさん薬飲んでいるので「どれが原因かわかりませんよ?」って言われて突っぱねられそう。


とりあえず、今処方されているすべての薬の副作用を調べました。4種類に「副作用」として「ATL上昇」というのがありましたが、「脂肪肝性肝炎」とあったのはタモキシフェンだけです。


でも。それがわかっても、じゃあこの熱とだるさはどうやったら緩和されるのだろうか。タモキシフェンをやめて、脂肪肝がなくなる(数か月かかる)まで、このまま??


そんなんいやや!!今、一年で一番忙しい時なんや!この一週間に命がかかってんのや!明日元気にならないとあかんねん!


今のところ対症療法が全く効いていないことから、この熱とだるさはこれからも続くと思われます。
ちなみに内科では解熱鎮痛剤はカロナールと風邪症状(ないんだけど)の緩和に葛根湯をいただいています。これ以外に心療内科で解熱作用のあるSG配合顆粒(もう使い切った)とホリゾンという安定剤をいただいています(それ以外にもいろいろいただいていますが)。SG配合顆粒の成分はアセトアミノフェンなのでカロナールと実は変わりません。そしてアセトアミノフェンは「副作用」に「肝障害」とある薬でもあります。


水風呂にでも入れば熱下がりますかね?
氷水飲めば大丈夫ですかね?
最近水分も十分とれないんですけど…。
睡眠は十分とっています。ぐっすりです。
昨日作ろうと思った燃焼スープは怠すぎて作れませんでした。
今日の夕飯はそぼろご飯でした。おかずが入ってる、ちょっと高めのやつです。ここのところも調子をよくするために駅まで行ってちょっと高級なヘルシー弁当を買っていました。おひたしや煮物、魚が中心のお弁当だったのですが…。
で、ちゃんと3食食べていたせいか、燃焼スープダイエットをやめたせいか、3キロ太りました。体重は少なくても肥満とか脂肪肝というのはあるそうなので、ここのところ急に3キロも太ったことが引き金になったのかもしれません。


引き金はなんでもいいです。菓子パンの食べすぎならそれは反省します。病名を断定するには血液検査の結果(これでウイルス性のC型やB型肝炎の判定をすると思われます)と生検(脂肪肝及び脂肪肝性肝炎はこれで判定すると思われます)ですから、下手したら今月いっぱいかかりますね。
あとはどうやって治すか。どのくらいで治るか。悪化すると肝臓がんになるらしいので早いうちに対処したいんですが、一般の病院って血液検査の結果が出るまでに数日かかって、生検にも数日かかって、決断を下すにはかなり時間がかかるわけです。一発で大病院で調べてもらえれば楽なのに。かかりつけ医制度のおかげで日々悪化していくわけですよ。


もうどうでもいいから、12月になったら倒れていいので、今週、どうにか、書類書かせてくださいまし神様仏様ご先祖様。私の肝臓頑張れ!私の脳頑張れ!

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ