ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく生活記録です。

まだ燃え尽き症候群中

やることはいっぱいあるし、新しいことも始めなきゃいけないんだけど、頭も体も動きません。それほど先日の締め切り群が大変だったというわけじゃないんですが、もう何もやる気が沸かなくて、Blogに記事をアップすることすら出来ず、毎日定時に帰宅して8時には布団に入ってぐだぐだしてそのまま眠ってしまうという毎日でした。
何か日常に変化があったらいいのですが、それは、今中断している論文を書くこと。それが出来なければ何も出来ない。なのですが、まったくそれに触れられない。ファイルを開くことすら出来ない。


上司に論文については心を折られてますので、やる気が出てこないんだと思います。でもこのやる気のなさは異常だと思います。全てのやる気を失わせています。ご飯を食べることも、人と話すことも、掃除をすることも、何も出来ない。かろうじて数値計算だけやってる、これも時間がかかる計算で1日くらいはプログラムを走らせていたのだけれど、パラメータが間違っていてやり直しになり心がくじけました。


なのに、がんの手術したところがまだ痛むので、再発していないか気になってしょうがないです。次の検診は4月だからそれまでにどれだけ拡がってしまうんだろうかと思う。幸い、肺や肝臓に異常はないみたいだけれど(肺は10月にレントゲンを取って、肝臓はコレステロールが高いので病院にいったとき一緒に検査してもらいました)、今転移再発がなくても4月にはあるんじゃないかなと思ったりしております。


がんに一度でもなった人間は、ずっとがんの再発転移におびえて暮らさないといけなくなります。
がんのことがなければもうちょっと仕事もやる気が出るのかもしれませんが、もともとの怠け癖が出てきたのか、もう何もしたくなくて、おいしいものも食べたくなくて、あかんと思っています。


早く抜け出さないと論文締め切りがあるし、共著者へ理解を求めないといけないし、とっととやらないといけないんだけどぜんぜん進みません。鬱々してしまっています。


打開策!きっかけ、勇気、なにかそんなものが欲しい!


土日をサラダ1つで済ませてしまった

気分が乗らなくて、土日は外出できず、フランス語の教室もお休みしてしまいました。冷蔵庫には金曜日に買ったサラダ一つ。あと、段ボール箱に入ってるチーズイット大量。


これとヤクルトと野菜ジュースで土日を乗り切りました。あほですね。
栄養には気を使わないと太ってしまうのに。学習能力ないですね。


今朝はバナナを切らしていたので、チョコレート入りのクロワッサンでした。栄養の取りすぎかなとも思います。
これも学習能力ないですね。糖分はがんのえさだというのに。


でも、こんな日があってもいいかなと思ってました。
研究発表や学会の締め切りでずっと休みがなかったので、休みたかったんですね。今週からもしばらく土日も出勤になってしまうので、ここで休んでおかなかったらずっと「朝何時までも寝ていて良い幸せな日」がなくなってしまうので。


今日は帰りがけに、職場のストレスチェックに引っかかってしまったのでクリニックに行ってきます。いまさら行ったところでどういうこともないんですが、仕事が怖かったり転移再発が怖かったり上司が怖かったり自分そのものの遭遇する全ての物事が怖かったりするので、ちょっとどこか壊れてるんだと思います。もともとびびりな性格というのもあって、最近それが表に出てくることが多くて、直接上司と話が出来なかったり、メールをあけるのが怖くて時間がたってしまったりと、仕事にも支障が出てきているので、相談してきます。


やる気スイッチは、まだ見つかりません。ちょっとしたことがやる気スイッチになるのでしょうけれど、とりあえず手足を動かしていれば何かは出てくるので、単純作業とか掃除とかごみ捨てとかしていようと思います。やる気スイッチの導火線が湿っていませんように。


乳がんの話ではないですが、応援よろしくお願いいたします。

燃え尽き症候群

月曜に研究発表・火曜に学会の締め切りが終わってから何もやる気がしません。
昨日は定時で帰宅して家に直帰して何もする気が無くてずっと寝てテレビ見てました。
今日もやる気が戻ってきません。することはいっぱいあるんですけれど。


やる気スイッチどこに行ったんでしょう。


かつてやる気がぜんぜん入らなかったときに、自己啓発書をたくさん読みました。
自己啓発書を通して「駄目な自分」が見えてきて、あれは心の健康な人が読むものだなと思いました。職場にも2冊ほどおいてあります。元気なときに読むと、ああ確かにそうだなと思えるし、くすぶっていた自分を笑うことも出来ます。


こう、本当にやる気をなくしちゃったときに、やる気を出させるんじゃなくて、やる気を出さないでも良いんだよ、ちょっと休んじゃいなよ、っていう本が読みたいですね・・・。


普通の文学作品を読めるほど元気ではないです。「白鯨」はしばらく中止しています。


こう、読んでいて元気になりそうな、前向きになりそうな、気が付いたら燃え尽きた中から何か生まれてきそうな、そんな本はないかなあ・・・。
やることは山ほどあるんですが、どれにも手をつけられないという・・・。憂鬱だなあ。


それとも、元気になるにはお菓子かな?ケーキ?
絵本?ネットで読める何か?単純作業?ヨーグルト?