ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく生活記録です。

ホットフラッシュ、何時まで続くんだ・・・。

今日寒いですよね?
周りは半そでの人とかいるんですが、すごく寒くて仕事中マフラー巻いてました。でも天気予報見ると気温は結構高いみたいだから、寒いの私だけなのかしら?


ホルモン治療の副作用のホットフラッシュ、いつまでたっても慣れません。来たな、と感じてから15分くらい、身動きが取れなくなるくらいぼーっとして汗噴出しています。
仕事してるときは、仕事柄個人ブースにいるので周囲から見られることはないのですが、ばたっと倒れているか呆然としていることが多いです。
時間帯の予測もつかないし、何時やってくるかもわからないし、本当に厄介ですね。例えば1時間おきとか、平日は何時と何時とか、時間を決めてきてくれるとうれしいんですが。


昨晩は寝入りにホットフラッシュが来て、いやーな感じがして、熱測ったら8度ありました。読みたい本も読まずにそのまま布団かぶって寝てしまいましたが、寝入りのもっとも幸せな時間にホットフラッシュが来ると嫌な感じです。


ホットフラッシュを減らす対策とか、軽減させる対策とか、ないでしょうか。皆さんとお昼ご飯を食べてるときにひとりでぶわっと汗かいたりしたときはちょっと恥ずかしいですし、仕事がのってきたときにホットフラッシュで中断させられるのは辛いです。


先日2日続けてホルモン剤を飲み忘れたことがありましたが、ホットフラッシュはめちゃめちゃふつうにありました。ホルモン剤って結構強力なんですねきっと。体重が減らないのもホルモン剤の影響かなと思ってます。


そう。体重減らない。
標準体重を超えないように注意していたのですが、宴会があったり皆さんの出張のお土産があったりで結構食べていてたぶん標準体重を超えてしまっていると思うのです。怖くて体重計に乗っていません。土曜に病院がありそこで否応無しに体重測られるので、そのときにショックを受けないでいいように家で計っておこうとも思っていますが、やっぱり増えてたら怖いです。生姜ココアは続けていますが、これで太ったというのはありません、と同時に、痩せたという感覚もありません。生姜ココアダイエット結果は始めてから3週間後に報告する予定です。


寒い寒い。コート着て仕事しよう。



出勤できました

土曜日の演奏会は何とかこなしましたが、あれだけ弾けなかったのは初めて、というくらい弾けませんでした。技術的に難しいのではなく、なんというか、怖くて音楽に乗っかれなかったという感じです。最後のほうになって、やっと音楽ができた気がしました。


日曜はフランス語の教室をお休みし、寝込んでいました。
朝はちゃんと生姜ココアとにんじんりんごジュースを飲みましたが、その後チーズイットしか食べてません。でもチーズイットってやめられないから太るばかりなんですね。箱で買ってるので何袋食べても減った気がしないんです。あと、封を開けるときに勢いよく引っ張りすぎて、中身をぶちまけること数回。学習しようよ自分。左右に引いて開けるんじゃなくて、どこか切り込みいれてそこから切ったほうが安全なんだけど。


月曜はとりあえず出勤しました。自分としては朝の葛藤(遅刻するか、通常通り出勤するか)で布団の中にもぐりこんで10分くらい過ごしましたが、月曜は会議だったはずなので急いで出勤。でも出勤してみたら今日は会議のない日でした。あわてる必要なかったな。


研究のほうも、できているプログラムを走らせ、一日がかりの計算がこけないように祈るばかり。論文はもう最終段階を見てもらっているので帰ってきてから投稿。3月中に投稿できますように。


明日NHKで研究仲間の新しい研究が放送されます。
私はまったく出ていないし関係もしていないけれど、その研究仲間は私がずっと一緒に戦ってきた同胞、彼は同じ分野のちょっと後輩だけど私と同じ分野をずっと歩いてきていて、就職で分野が変わってしまったけれど、また再開して同じ研究室で違う研究をやってます。
今日テレビの人が来ていて、わいわいやってました。私はまったく映っていませんし関係もしていませんが。


で、やっとの思いで帰宅したんですが調子悪いです。無理しないよう定時で上がったのですがしんどい…。
でも明日はパーマネントが決まった人のお祝い飲み会があります。大丈夫だろうか。


こんな日常。なんかただの日記になってますね。


寝込んでました

朝方は微熱で、午後から熱が出て夕方には明らかに高熱、という日が続いて、大事をとって休んでいました。
こんなに休んでしまって有給だいぶ消化してしまいました。
明日は演奏会ですが、出られるのでしょうか。というか楽器弾けるんでしょうか。


今もまだ熱っぽいんですが、さっき、ぶわああっと汗が出て楽になりました。


こんな症状、何なんでしょうね。肝臓が駄目なのかな。肝臓に転移して肝機能低下?転移ってそんな簡単にすぐに現れるものなのかな?


幸い家に食料はしっかりあったので、にんじんとりんごのジュースを毎日飲んでいましたが、ほかにお菓子もあったので痩せませんでした。残念。


今後どうするかを布団の中でじっくり考えていました。
1.音楽の先生の資格を取る(通信で4年で取れる)
2.インターナショナルバカロレアの音楽教師の資格を取る(大学院に2年通う)
3.今までどおり研究職で続ける
4.どこか有期じゃないちゃんとした職に就く


2を真剣に考えた場合、海外留学程度の英語力が必要で、入試にTOEFLがあるんですね。英語ぜんぜん駄目な私がとおるわけがないから、1年くらいは英語を専門に勉強してから大学院に通うとなると、その間の学費とか、生活費とか、そういうものがなくなってしまうので、2はとてもやりたいんだけど×だな。とすると、新たなな方向性として1がいいような気がしているんだけど、4年間通信で教職をとるのと、2年間どこかの音楽科のある短大に通うのではどちらがいいだろうかといろいろかんがえてしまう。でも平日は働きたいのでやっぱり通信だろうな。
3だったら幸いだけれど、もう年齢的にもキャリア的にも難しい。4はハロワにでもいって相談するしかないけれど40代で転職ってもうそれは不可能に近い。


うーん。
ぐるぐるかんがえていたけれど、自分が一番やりたいことってなんだろうって考えたら、研究とかサイエンスとかじゃなくて、音楽だなって思いました。
数学とかサイエンスとか好きだけど、それで生きて行こうとは思えなくなってきました。数学なんかは、何で分からないか分からないから人に教えられないし…。
幸い、音楽のある種の能力に恵まれているので、指導はうまくできるかどうか自信がありませんが、民族音楽でもポピュラー音楽でもどんな音楽でも人に教えることはできそうな気がします。400回以上の舞台回数を重ねているので、普通に音楽の先生をやっている人より経験値は高いと思います。あーでも歌をやらないといけないんだなあ…得意じゃないんですよね歌。


肝臓が冷えてるのであっためて寝ます。
まだ考える時間は1年あります。じっくり考えて答えを見つけようと思います。
まずは明日本番に行けますように。熱出ませんように。