ひまわり畑を夢見るブログ

40歳超独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と本当の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく記録です

大間違い、ごめんなさい

すみません。ごめんなさい。


放射線治療、今日からではありませんでした。
今日は、放射線科で問診があって、治療の予約を入れるだけでした。


予約は24日に取れました。ということで、放射線治療編は10月24日から始まります。


ところで、現在思考力が落ち、記憶力が落ち、集中力がまったくない状況を医者に説明したら、「化学療法でそんなことになることは絶対にない」といわれてしまいました。ケモブレインという言葉を出せばよかったのかもしれませんが、化学療法が始まって明らかに思考力や集中力が低下したことから、関連性があると私は思っているのですが、医者は「抗がん剤は脳にはまったく影響しない」とばっさり。


ネットではケモブレインのことは結構出ているので、さすがに医者のほうもそういうものがあるというのは知っているはずなのですが、今までそういう症状を訴える人がいなかったのか、はたまた原理的には抗がん剤が脳に影響しないことが明白だからか、何を言っても「別の病気、精神的な症状」といわれてしまいました。


だからといって治す方法もないわけですから、絶望的ですよね・・・。
筋トレでよくなるといわれても、すぐによくなってくれないと仕事ができないです。仕事休もうかな・・・。


体重が単調増加でどんどん増えてとうとう人生最大の値に到達した今日この頃(昨日もおとといも絶食状態だったんですがなぜ増える!)、生酵素が届きました。食事の前に2粒飲むのが良いのだそうです。早速朝は2粒食べてから朝食。ところが昼は飲み忘れしてしまいました。食前に薬を飲む習慣がなかったので大変忘れやすいですね。でも忘れないよう、職場の、よく目に付くところに生酵素置いてあります。


4ヶ月くらいでやめようと思っていますが体重は落ちるかどうか。運動も明日から始めますのでどうなることやら。頑張ります。



TC療法総括:副作用まとめ

TC療法のまとめです。
TC療法とは、ドセタキセル(別名タキソテール)とシクロフォスファミド(別名エンドキサン)という2つの薬を組み合わせて投与する、がんに対する化学療法です。早期乳がんに対する標準的治療法の一つです。
3週間ごとに、4回(4クール)の投与が一般的なスケジュールになっています。私はその通り3週間ごとに4回投与を受けました。


以下に、一般的に言われている副作用を挙げ、自分がどうであったかを書いていきたいと思います。


・アレルギー:点滴中に現れるもの。私はなかったですが、抗がん剤を入れたほうの腕で買い物カバンなどを持つと、血管が腫れ、ぼつぼつと赤い湿疹ができて、アレルギーの反応に似ていました。アレルギーの症状はこういった発疹だけでなく、息苦しさ、心臓のどきどきなどもあるそうです。


・脱毛:体中の毛が抜けます。私は腕毛や指毛は抜けませんでした。髪の毛は11日目くらいから抜け始めて、バーッと抜けて、1割くらい抜け残して安定しました。1割くらい残ってからは直接帽子をかぶって過ごしていました。ちなみにウィッグはひとそろえ(ちょっとした買い物用にてっぺんがないウィッグも買いました)22万円、確定申告時の医療費控除の対象になるそうです。


・骨髄抑制:投与から1週間後くらいから、白血球、好中球が減少します。この時に風邪の菌や何かの菌にさらされると重症化します。私は1回目2回目はこの時熱が出ましたが(38度5分くらい)3回目4回目は何も症状が出ませんでした。なお、普通病院ではこの時のために抗生剤を頓服で出してくれるはずです。


・下痢・便秘:体質によると思いますが、抗がん剤によって、また投与日からどのくらいかによって、どちらかの症状が出る場合があります。私は1回目は便秘から下痢に代わりましたが、マグミット錠を飲むようにして常に下痢状態で過ごしました。大変危ない思いをしましたので、下痢より便秘のほうがマシだと思います。便秘が気になるようであればマグミット錠をもらうといいと思います。


・倦怠感・疲労感:ともかく熱もないのにだるいです。私も2回ほどなりました。だるくて仕事を休んだこともあります。熱もないし医学的におかしいことはないのですがだるいものは仕方ないのでゆっくり休むのが良いと思います。


・皮膚の湿疹:1回目の時に胸から上、特に顔にひどくできました。小さなニキビみたいなのがたくさんと、赤いニキビがたくさん。絶望してしまいました。3日ほどは化粧が出来ずマスクつけて仕事に行っていました。これは皮膚科にいって治しました。


・口内炎:よくできるらしいのですが、私は一度もできませんでした。一日5回くらい歯磨きしてたからかな?


・爪の割れ:音楽家にとって指先は命です。絶対に避けなければと、投与時にアイスグローブをつけさせてもらいました。たいへん冷たいです。でもおかげで爪はちょっとだけ変色しただけで変形したり割れたりしませんでした。


・指先のしびれ:音楽家にとって指先は命です。これもアイスグローブをすることで避けることができました。


・味覚の変化:これは投与直後からありました。水、お茶などがすべて甘く感じました。おかげで何も飲みたくない状況にまで陥りました。助かったのは、紫蘇ジュースのウーロン茶割りでした。あと、コーラはコーラの味がしたので、甘いですがちょうどよかったです。


・吐き気:抗がん剤投与時に最初に吐き気止めを入れるので、全くありませんでした。食欲不振もなく、よく食べられました。


・筋肉痛・関節痛:4回目の抗がん剤でひどく出ました。倦怠感とは違って、本当に筋肉や関節が痛くなって、腕も上がらなくなりました。当時ダイエットをしていたのでそれが影響しているのかなとも思います。


・月経停止:1回目の抗がん剤のときには生理がありましたが、そのあと、止まってしまいました。もう閉経…ちょっとショックです。


・目の渇き:1回目の抗がん剤で出ました。目薬で対処しました。2回目からは出ませんでした。


・熱とは言えないほどの微熱:常にありました。というか、毎晩37.5度くらいまで出ました。朝は37度くらいでした。医者がいうには熱とは言えないほどの微熱なので普通に活動してOKだそうです。バファリンで対応しました。抗がん剤期間中バファリンは大量に飲みました。



前に抗がん剤期間を快適に過ごすために飲んでいるサプリなどを紹介したと思うので、探して見つかったらリンクいたします。マヌカハニーとかコエンザイムQ10 とか、副作用の軽減に役に立ったとおもいます。


明日(今日)から放射線治療です。頑張りますので応援よろしくお願いします。

TC療法4回目 20,21日目、抗がん剤4クール無事完走

相変わらず夜は熱が下がりませんが、21日たったので、これで抗がん剤治療はおしまいです。あちこちに副作用が残っていますが、じきに回復してくることでしょう。


20日目は珍しく一度も救護室にお世話にならずに済みました。途中気分が悪くなったりだるくなったりしていたのですが、なんとなく、今日は大丈夫かなと思ったら大丈夫でした。お昼ごはんを減らしたりおやつを減らしたら元気になったみたいです。
21日目はお仲間につられてがっつりお昼を食べてしまいました。そしたら結構気分が悪くなって午後は救護室で1時間ほどお休みしてしまいました。なんというか、縦になっているのが辛くてすぐにでも横になりたい感じでした。


今週もろくに仕事ができずに、切れ切れの集中力を働かせる気にもなりません。私はもともと集中力の塊で、一度入り込んだらなかなか出てこられないほうでしたが、今は入り込むことすらできない、おまけに何かをやろうとも思えない状態です。かなり危ないというか仕事がぜんぜん進まない状態です。


抗がん剤の副作用で集中力がなくなってしまったのか、はたまた、自分がサボっていただけなのか、分かりません。抗がん剤をはじめてから、集中力がなくなってしまったので、関連はあるのではないかと思っています。仕事にさしさわりがあるのが今本当に困っています。


それから浮腫みというか、太ったの、何とかしたいです。お昼軽くしてダイエットできたと思ったら一日だけ体重へって、次の日には元通りでした。標準体重をはるかにオーバーして肥満の部類に入ってしまいました。ショックで気持ちが落ち着きません。朝食はバナナにしました。お昼はフルーツのみ、夕飯は豆腐サラダ。量はそんなにとっていませんが、体重は増え続けています。単調増加です。おやつも減らしていますが効果がありません。体重計壊れてるのかな??いやいや買ったばかりだし。浮腫みを取るのはどうしたら良いんでしょう。お風呂に入ったりすればいいのかな。サウナ?


これからホルモン剤治療で太っていくばかりなのに今から肥満じゃ、肥満の肥満になってしまいます。この夏奮発してかわいいワンピースを4着も買ったのにもうすでに着られません。なんということだ・・・。ますます今後着られなくなる・・・。


まあでも一区切りです。来週から放射線治療編をお送りします!