ひまわり畑を夢見るブログ

40歳超独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と本当の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく記録です

計画は立てられるけれど実行は…。

資格試験の直前講習に申し込みをしました。1回1万円のコースで6回分です。税金入れたら結構な額になります。講習が始まるまでにはテキストを読み終えたいですが、3冊あるうちの2冊目のあと10ページくらい残っていて、3冊目は講習までにどのくらいできるか大変不安です。1ヶ月遅れてしまったのです。


それとは別に、英語の通信教育講座にも申し込みをしました。大学受験からずいぶん離れてしまっているので、英語の和訳などは自分ひとりではできないと感じたからです。
英作文は職場に外国人がたくさんいるので英会話ついでに自学自習できそうです。
ヒヤリング関係は、簡単なものを自分でじっくりやろうと良い教材を買ってきました。


ということで勉強の準備は整いました。あとは勉強をするだけ。
準備を整えるのはうまいんですよね。本を選んだり、計画を立てるのは上手なんです。が、実行するのが下手で。
でも今日も頑張りますよ、1時まで勉強頑張ります。今日は英作文と資格試験の勉強。
明日は仕事中に資格試験の勉強、仕事終ったら英語。


と思っていたら、研究室の発表が8月最初の月曜日になったらしい…。ええええ研究進めてないですよ、研究しないで勉強していようと思っていたのに…10月の最後の日までちょっと研究は待って欲しい…とかいいつつ11月の頭に学会があるので、たぶん10月の最後あたりは研究のほうが忙しくなるんでしょうけれど。


仕事中にこっそり勉強しようという作戦はうまく行かないかもしれないですね…。
あかんあかん、何か理由をつけてやらないのはあかん。頑張ります。


カツを入れてください!お願いします!

不眠症つらい

相変わらず不眠症なのですが、タモキシフェンにしてから、ひどくなったような気がします。


昨晩、まったく寝付けず、4時くらいまで目を閉じて耐えて、いらいらしてきて、ぶちっと切れて、もう一回睡眠薬を飲んでしまいました。それでも眠れなくて5時ごろにビール飲んで、それからは少し眠れました。目が覚めたのは13時。学会準備も終わってないのに何やってんだろう自分は。


毎日こんなことが続くと嫌ですね。でもほぼ最近2日に1回はこんな感じです。ただ、朝はちゃんとおきていますが、睡眠薬の残りでふらふらだったりします。


眠れないといらいらしてきて、全て自分が悪いんじゃないかと思えてきて、あれもこれも自分が悪い、ってなってきて悪循環です。将来に希望が持てなくて、真っ暗な気持ちになっていきます。それを毎晩のように繰り返していると、嫌でもネガティブ人間になってしまいますよね。それはいかん。


目が覚めたので4時半に職場に着きました。なんだかだるいですが、一所懸命仕事しないと、火曜日の発表のプレゼンが間に合いません。今日も終電覚悟で頑張ります。
応援よろしくお願いいたします。


2年目3ヶ月検診、しこりは?

乳腺外科の日。2年目3ヶ月の検診…とは言っても何も検査せず。
O先生「何かかわったことありますか?」
私「とくにないです」(皮膚にしこりができて騒いだこと忘れてるなこの先生…)
O先生「そうですか。それではまた3ヶ月同じお薬でいきましょう」
私「はい。(診察と処方箋のファイルをもらって)ありがとうございます」


こんなもんです。
二言しか話してないですよね…。
さすが大病院。


しこりができて電話した件は忘れ去られているんだろうか。
しこりは小さくなって今では触っても分からないくらいになっています。にきびみたいなものだったんだろうと思っています。皮膚科の先生からのお墨付きなので安心していますし、放射線科の先生の触診でもなんでもなかったのだから、いいんですけどね。


英語の勉強を始めました。英文の読解はまあなんとでもなるので、まずは英語耳に変えていく練習をしています。短文の英文をたくさん聞いて英語発音を思い出すやり方です。フランス語耳が消えてしまうのはもったいないですが、試験のためには今は仕方ないです。


先んじて10月の最初の週に英語の別の試験があります。試験勉強なしでぶっつけでやるつもりなので、合格するつもりはない前提ではありますが、10月末の試験の練習という意味で受けてみます。長時間英文を読む集中力がどれだけ必要か、とりあえずは500語くらいの長文問題で練習しますが、いずれはもっと長いものもすぐ読めるようにしたいですね。


さてさて週明けにシンポジウムでこれからプレゼン作らなきゃ。今日帰れるかな・・・。
あせりにあせっている私ですがどうか無事プレゼンができますよう応援よろしくお願いいたします。