ひまわり畑を夢見るブログ

40歳超独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と本当の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく記録です

ご心配をおかけしました

一日、寝ていました。昨晩眠れなかったので。
映画を見ようにも全然集中できませんでした。微熱は続くし、食欲もわかないし、なんだか本当に怠い一日でした。もったいない。読書もできなかった。
やっと今の時間になって頭がさえてきた感じです。


ともかく怖かったのが、「地霊」の話です。地霊が私にいいことをしてくれるけれど、それは将来的に請求書を回してきます、つまり突然死とか病気とか…それを言われて怖かったのは正直なところです。


でも、それだって、彼女の言葉です。そもそも「霊界」は仏教にはありません。そういう考え方は、新興宗教独特の、つぎはぎ世界観のもたらすものです。
私はキリスト教を信じているというより、生活の基本、思考の基盤、判断の根源になっているので、そういったことに惑わされないで、自分の思うところに素直に従って、私に見える神様の道を歩めばいいんだと思います。


普段は別に神様がどうとかそういうことは言いませんよ?いたって普通の人間です。キリスト教が絶対だとも言いませんし、ほかの宗教に寛容だし、むしろいろんな宗教のこと知りたいですし。
でも今回は好奇心が招いた失敗でしたね。
真言宗系の…と言われただけで、よく聞きもしないで行ってみたのが間違いでした。そして、普段信頼している秘書さんだから大丈夫だと思っていたのも間違いでした。


私は思うんです。日本人は損得勘定なしには宗教を信じないと。それは遠藤周作なども言っていたと思います。他人のために尽くすとか、世の中のために尽くすとか、いいこと言いますが、そういうことをして位をあげていくことは間違いなく損得勘定です。自分の信者を増やして自分の立場をあげていくことは損得勘定です。
それが悪いこととは思いませんが、その渦に巻き込まれるのはごめんなのです。人の欲を満たすために自分が使われるのはごめんです。私には損得勘定で宗教を信仰し人を巻き込むという思考はありませんし、信頼できません。


ということで今日いっぱいで落ち着きました。
メールは無視します。明日何か聞かれても、「ほかの宗教を知るといういい機会があってよかったと思います。ですが、今後かかわる気は全くありません」とでも答えておこうと思います。


ちなみにネットで検索してみたら、結構勧誘による被害が掲載されていて、ああそうなんだなーと。何かの仏を信仰するんじゃなくて、立教者一族4人を崇拝する宗教なんだなと知りました。修験道、キリスト教、神道、仏教を混合させたようなもので、世界平和を願うとても素晴らしい宗教だと思いますが、霊能力者がどうとか、人を脅して勧誘しようとする態度は解せません。


さて今日一日の無駄をこれから取り戻します。しゃきっとして風呂入って読書して明日の準備して、明日から新たな気持ちで頑張ろうと思います。
ご相談に乗っていただいた皆様、ありがとうございました。
私はもう大丈夫です。


それでは素敵な一週間を!

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。