ひまわり畑を夢見るブログ

40歳以上独身女性です。2016年1月、乳がんとの診断。でも仕事を辞められない、いったんやめたらもう戻れない研究職です。仕事と病気と第2の職である音楽とうまく付き合って必死で生きていく雑多な記録です。

勉強してたんだな…。

普段使わない銀行の通帳とカードがなくなってしまって(単にどこにしまったかわすれてしまった)本棚をひっくり返して探し物をしていました。
結構な数のノートが出てきました。
5冊くらい。
全部フランス語を勉強したノートでした。それも、フランス語教室のノートじゃなくて帰国後に自主的に勉強していたものでした。がんになる前は仏検受けるために勉強していたのです。
細かい文字でびっしり書かれたフランス語。今読んでも半分くらいは難しすぎてわからない。
よく勉強してたんだなあー。

赤い字が多いのは間違ってるところ。間違いばっかりですね。


私はフランスにいるときにフランス語を勉強することはなかったんです。大学でフランス語を第二外国語として選択していたので一通りの基礎があって、おかげで試験(外国人は辞書持ち込み可)やご近所づきあいで困ることはなかったんですが、本当に後悔しているのは、現地でもっと勉強してくればよかったということ。
でも現地にいたときは、それなりにフランス語らしいものを話していたし、ニュースも聞いていてわかったし、新聞も読んでいたので、20年近く前にやった大学の第二外国語の記憶も残っているもんだなあとびっくりしました。


というわけで、がんで大騒ぎしていたこの一年ですが、これからまたフランス語の勉強をはじめて、仏検を受けることにしました。相当初歩的なところからやり直しになりますが、耳で覚えていることがたくさんあるので、忘れないうちに(もうかなり忘れてきている)資格を取っておこうとおもいまして。


基礎的なところで仏検定2級・準1級用の必須単語集をぼちぼち始めています。一度にいっぱいやっても覚えられないので(語学は私のもっとも苦手とする科目で、語学でいい点をとった覚えがないし、語学の勉強が嫌いなのです)、ぼちぼち、これと文法の本を一通り、今は学会前で忙しいから2日に1回、学会終わったら毎日、勉強しようと思います。
足りないのは単語と述語の力。あとフランス語独特の言い回しが結構あるから、そういうものも覚えていかないといけません。試験は6月。6ヶ月あったらたくさんがんばれる。


またフランス行きたいです。今度はマルセイユとか南仏に行ってみたいと思ってます。ちなみに私はフランスにいたときにパリからほとんど出たことがなく、ルルドとブリュッセルにしか行ったことがないので(あとモンサンミッシェルは行きました)、広く旅行してみたいです。


勉強するって宣言しちゃったから本当にやらなきゃ。DELFとかもとりたいですね。趣味なので、がんばろうと思います。


ちなみに通帳とカードは出てきませんでした。自宅にあるのかな?その口座にいくらか入ってるんですが、使わないと年間会費1000円取られてしまうので、もうクローズしてしまおうかと思っています。


まだまだ治療中ですが、がんが人生の中心ではなく、人生の中心は、音楽や語学や趣味で豊かな人生を送ることです。がんばりますのでよろしくお願いいたします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。